ローマの空港フィウミチーノ 出国方法と空港へのアクセス

◆ローマの空港フィウミチーノ(Aeroporto di Fiumicino)から出国する際のチェックイン、セキュリティ・チェック、税関・免税品手続き、出国審査などの手順、出発ターミナルやショップの空港施設情報、ローマ市内から空港までのアクセスなどを写真満載、MAP付でナビゲート。

◆ローマの空港フィウミチーノ空港(別名:レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)で、アリタリア便を使って帰国する際は、チェックインがターミナル1に変更になった(2017年3月29日より変更)。※免税品の手続きがある場合は、出発便時間の2時間~2時間30分前までに空港へ到着した方が良い。

◆ローマ市内からフィウミチーノ空港へ行くには、シャトルバスまたはノンストップ列車のアクセス方法がある。シャトルバスは、料金も安く、バスの下にスーツケースを入れる格納庫があるので、重い荷物を持っている旅行者には便利。

PageTopに戻る

 ローマの空港フィウミチーノ空港 Aeroporto di Fiumicino

*所在地:Via dell’ Aeroporto di Fiumicino, 320 00054 Fiumicino RM イタリア
*問い合わせ:+39 06 65951
●公式サイト: ローマ・フィウミチーノ空港を調べるのは、こちらをクリック »
◆チェックイン等手続きは、出発時間の2~2時間30分前に空港へ到着した方が安全。空港が広いので時間に余裕をもって行動を!イタリア・フィウミチーノ空港から日本・成田空港までは、直行便(Alitalia)で約12時間で到着。
◆フィウチミーノ空港のチェックイン手続きは、アリタリア便の場合ターミナル1で行なう(2017年3月29日より変更)。 ※ターミナル1にある出発便・搭乗ゲート案内を見て、搭乗ゲート位置を事前に確認。
ローマの空港
※ターミナルMAP 出国ターミナルT1

 フィウミチーノ空港MAP ~ 出発ターミナル1

ローマの空港
※チェックインカウンター・ターミナルT1
ローマの空港
※出発便・搭乗ゲート案内ボード(左)、※ターミナル1のロビー(右)

PageTopに戻る

 チェックイン・免税手続き ~ フィウミチーノ空港

◆チェックイン(CHECK-IN)の手続き方法は、3つの方法がある。
未使用の免税対象商品を「持っているか、いないか」、持っている場合「出国のとき、どのような方法で持ち帰るか」など、状況によってチェックイン方法が異なる。 ※またチェックインカウンターで、スーツケースを預ける際の重さは、航空会社によって規定量が異なるので、事前に確認しておく方が良い。

1. 免税対象商品(未使用)を持っていない場合

① チェックインカウンターにパスポート、Eチケットを提示し、搭乗券を発券してもらい、機内預けのスーツケースの重さを量り、預ける。そしてセキュリティチェックへ進む。
2. 免税対象商品(未使用)を機内に預ける場合

① チェックインカウンターでパスポート、Eチケットを提示し、搭乗券に交換してもらい、スーツケースの重さを量ってもらう。しかし、スーツケースは預けず、クレームタグを付けてもらったら手元に戻す。 【注意】免税手続きをする品物は、税関審査で見せやすいように、ホテルで荷造りするときに、スーツケースの一箇所にまとめて入れておく方がよい。

スーツケースを持って税関審査(Controllo Doganale)へ行き、税関職員(Doganiere)に提示する。
・免税書類(Tax Refund)
・購入品のレシート(オリジナル、クレジットカード明細は不可)
・未使用の購入品
・搭乗券または航空券
・パスポート
※イタリアの一部空港では税関審査は、税関へ行かずにタックスフリーの会社(グローバル・ブルー社)が行う場合もある(ミラノ・マルペンサ空港など)
●公式サイト: グローバル・ブルー社の公式サイトはこちらをクリック »

③ タックスフリーの書類に税関のスタンプを押してもらったら、再度チェックインカウンターへ行き、スーツケースを機内預け荷物として預ける。そしてセキュリティチェックへ進む。

④ 現金で払い戻しを希望する場合は、税関のスタンプを押してもらった免税書類(Tax Refund)をタックスフリーの会社(グローバル・ブルー)のカウンターで、日本円またはユーロで返金してもらう。
※現金で払い戻しを受けるのが一般的。クレジットカードへの払い戻しは約2~3ヵ月かかる

3. 免税対象商品(未使用)を手荷物として機内に持ち込む場合

① チェックインカウンターでパスポート、Eチケットを提示し、搭乗券に交換してもらう。機内預けのスーツケースは重さを量って預け、クレームタグをもらう。

免税対象商品(未使用)が入った手荷物を持って、税関審査(Controllo Doganale)へ行き、税関職員(Doganiere)に提示する。
・免税書類(Tax Refund)
・購入品のレシート(オリジナル、クレジットカード明細は不可)
・未使用の購入品
・搭乗券または航空券
・パスポート
※イタリアの一部空港では税関審査は、税関へ行かずにタックスフリーの会社(グローバル・ブルー社)が行う場合もある(ミラノ・マルペンサ空港など)
●公式サイト: グローバル・ブルー社の公式サイトはこちらをクリック »

③ タックスフリーの書類に税関のスタンプを押してもらったら、セキュリティチェックへ進む。払い戻しをするタックスフリーの会社のカウンターへ行く。

④ 現金で払い戻しを希望する場合は、税関のスタンプを押してもらった免税書類(Tax Refund)をタックスフリーの会社(グローバル・ブルー)のカウンターで、日本円またはユーロで返金してもらう。
※現金で払い戻しを受けるのが一般的。クレジットカードへの払い戻しは約2~3ヵ月かかる
◆クレジットカードへ返金してもらう場合は、税関でスタンプを押してもらった書類を税関出口にあるポストから投函すれば、数ヵ月後にクレジットカードに返金される。

ローマの空港
※チェックインカウンター(左)、※搭乗券自動発券機(右)
ローマの空港
※セキュリティ・チェック、パスポートコントロール、タックスフリー、税関のMAP

PageTopに戻る

 セキュリティ・チェック ~ フィウミチーノ空港

◆セキュリティ・チェック(SECURITY-CHECK)は、機内持ち込み荷物とボディ・チェック。 ※液体類の機内持ち込み制限有り
◆手荷物、コート類、ベルト、携帯電話などはトレーに置き、セキュリティ・ゲートを通り、出国審査へ進む。  【注意】パソコンはカバン等から出して別のトレー入れる。ブーツや踵の厚い靴は脱ぐように要求されること有り

 出国審査・パスポートコントロール ~ フィウミチーノ空港

◆出国審査は、「IMMIGRAZIONE」または「CONTROLLO PASSAPORTI」の表示に従って進む。
◆出国審査窓口は「EU」と「NON EU」に分かれているので、日本のパスポートを持つ旅行者の場合は、「NON EU」と書かれた方に進み、並ぶ。
◆出国必要書類のパスポート、搭乗券を提出し、出国スタンプを押してもらう。 ※免税品の税金払い戻しがある場合は、出国審査後に払い戻しカウンターへ進む。
ローマの空港
※出国審査の案内ボード(左) ※「NOT EU」のゲート(右)

 税関・免税払い戻し ~ フィウミチーノ空港

◆免税対象商品(未使用)を手荷物として機内に持ち込む場合は、このゲート内税関(DOGANA)で免税手続きを行う。手続きにはタックスフリーの書類、免税対象商品(未使用)、搭乗券、パスポートが必要、それらを税関に提示して免税手続きを行う。 ※手続き方法は上記のチェックイン記載事項を参照
◆免税手続きは、1店舗で155ユーロ以上の買い物をした場合、約14%の払い戻しを受けることができる。買い物をした店でタックスフリー書類をもらっていなければ手続きは出来ないので、買い物をした際に忘れずに!
◆税関とタックスフリー・カウンター(営業時間:7:00~21:00)は、ゲートH1、H2の近くにある。フィウミチーノ空港の日本行き便はGゲート出発(変更になることもあり得るので必ず確認を!)
ローマの空港
※税関の案内ボード(左) タックスフリー・税関等のMAP(右)

PageTopに戻る

 出発ターミナルのショップ ~ フィウミチーノ空港

◆以上の手続きが終わったら、搭乗時間まではフリータイム。但し、日本行き便の搭乗ゲートは遠くにあるので、事前に搭乗ゲートの位置は確認しておいた方が安全。
◆搭乗時間までは、出発ターミナルでショッピングをしたり、バールでコーヒーを飲んだり、食事をとることが出来る。ショッピングは町中の店より多少割高だが、イタリア製のチーズ、ワイン、オリーブオイル、チョコレート、クッキー、パスタなど食料品から雑貨品等のリーズナブルなショップから、免税店、高級ブランド品のショップまで幅広くあるので十分に楽しむことが出来る。両替所や喫煙所(B7そば)もある。
ローマの空港
※出発のGゲートに向かうエスカレーター(左) ターミナルのショップ(右)
ローマの空港
※出発ターミナルのバール(左) 出発ターミナルの喫煙所(右)

PageTopに戻る

 搭乗Gゲートとゲート周辺のショップ ~ 空港

◆日本行き便が出発する搭乗ゲートはGゲート。このGゲートはフィウミチーノ空港の一番端にあるので、時間に余裕をもって行くようにした方がいい。
◆Gゲート周辺にもバール、免税店、イタリアブランドのショップ、喫煙所(Gゲート)がある。時間がなくターミナルでショッピング、食事、ティータイムが出来ない場合でも心配はいらない。またモノレールと区分けされたゲート30番台エリア手前には、ローマの人気手袋専門店「セルモネータ・グローブス」があり、お洒落なデザインや豊富な色の手袋が揃っている。
ローマの空港
※搭乗するGゲートの位置MAP
ローマの空港
※Gゲートへの案内ボード(左)、※Gゲート(右)

PageTopに戻る

 ローマ市内からフィウチミーノ空港へのアクセス方法

◆ローマ市内からフィウミチーノ空港へのアクセスは、テルミニ駅と空港駅を結ぶ、直通列車「レオナルド・エクスプレス」、またはテルミニ駅そばから出発して空港ターミナルの前に到着する「シャトルバス」を利用するのが一般的。
◆テルミニ駅出発の列車「レオナルド・エクスプレス」は、フィウミチーノ空港駅まで、ノン・ストップで結んでいる。かっては低料金で乗車が楽なシャトルバスに押され気味だったが、最近はかなり改善され、テルミニ駅の発着ホーム位置の変更や車体がノン・ステップになって荷物の出し入れが楽になり便利になった。
◆テルミニ駅近くから出発する「シャトルバス」は、列車より料金が安く、空港での移動距離も短く便利。
◆宿泊ホテルの場所に合わせて、列車「レオナルド・エクスプレス」を選ぶか、または「シャトルバス」を選ぶかを決めるのがベスト。
※ローマ・テルミニ駅周辺MAP

PageTopに戻る

 シャトルバス ローマ市内~ローマの空港

「シャトルバスでローマ・フィウミチーノ空港〜ローマ市内☆アクセス」の詳細はこちらをClick
ローマの空港
※ローマ市内のマルサラ通りのシャトルバス停留所

PageTopに戻る

 列車レオナルド・エクスプレス テルミニ駅~ローマの空港

「列車でローマの空港~ローマ市内 ☆ アクセス」の詳細はこちらをClick
レオナルド・エクスプレス
※テルミニ駅の列車乗り場 チケット自動販売機

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »