フェリーでアマルフィへアクセス☆サレルノ乗船

◆アマルフィへの行き方は、フェリーでサレルノからアマルフィへ行く方法がお薦め。サレルノから出航するフェリーの便数は多く、オフシーズンでも定期的に出航している。

◆フェリーでサレルノからアマルフィまでは35分で到着する。

◆アマルフィ行きのフェリーの乗り場、チケット売り場、時刻表、料金などを動画、Map、写真満載で完全ナビゲート。

 フェリーに乗ってアマルフィへの旅 ☆ YouTube

◆アマルフィは世界遺産アマルフィ・コーストの街の一つで、開放感溢れるリゾート地。サレルノからフェリーに乗って、アマルフィのフェリー乗り場までを撮影。(2015.9.25撮影 2分23秒)

 アマルフィ行きのフェリー

アマルフィへの行き方
※アマルフィ行きのフェリー☆サレルノのフェリー乗り場(上)
◆アマルフィ行きのフェリーは、サレルノのフェリー乗り場Salerno Concordia(サレルノ・コンコルディア)から出航している。フェリー乗り場Salerno Concordiaへは、サレルノ駅を出たら、海の方に向かって徒歩6分~8分で到着する。駅からフェリー乗り場までは一本道なので分かりやすい。
◆ナポリからもアマルフィ行きのフェリーは出航しているが、ソレントで乗り換えなければアマルフィに行くことは出来ない。

PageTopに戻る

 フェリー乗り場 ☆ サレルノ・コンコルディア

アマルフィへの行き方
※フェリーの乗り場 Salerno Concordia(上)
◆フェリー乗り場Salerno Concordia(サレルノ・コンコルディア)から出航するフェリーは、「アマルフィ」と「ポジターノ」に行くことが出来る。
◆アマルフィとポジターノに行くフェリーは『TravelMar社のフェリー』で、シーズン中(夏期)は出航便数が多い。オフシーズン(冬期)は便数が少なくなるが、定期的に出航している。
◆TravelMar社のフェリーは、サレルノを出航したあと、アマルフィ(35分)⇒ ポジターノ(70分)の順番で運航。

 TravelMar社フェリーのチケット売場☆サレルノ・コンコルディア

アマルフィへの行き方
※TravelMar社フェリーのチケット売場☆サレルノ・コンコルディア(上)
◆チケット売場では、アマルフィ行きフェリーとポジターノ行きフェリーのチケットを販売している。
◆往復チケットは買えないので、帰りのチケットは到着地で購入する。
アマルフィへの行き方
※チケット売場の時刻表 2015.9.25時点(上)
◆チケット売場窓口には、時刻表が表示されている。時刻は季節によって異なるので、TravelMar社公式サイトから確認した方がよい。時刻表の確認方法は、TravelMar社公式サイトをクリック ⇒ 公式サイトの左側にある赤いボタン「Download our timetable」をクリックすると時刻表が表示される。
☆TravelMar社公式サイト 時刻表を調べるのはClick here »
アマルフィへの行き方
※フェリーのチケット(Salerno Concordia⇒Amalfi)8ユーロ 2015.9.25時点
アマルフィへの行き方
※チケット売場の待合場所からの風景☆サレルノ・コンコルディア
◆チケット売場には待合場所があり、ベンチシートが設置されている。また、その隣りにはドリンクやスナックを売っている売店もある。
アマルフィへの行き方
※アマルフィ・ポジターノ行きのフェリー☆サレルノ・コンコルディア
◆フェリーの中は、1階(船内)と眺望のいい2階に分かれている。好きなところに座ることができる。2階は暑い季節でも、フェリーが動き始めると風が強く寒いので、防寒着を持って行った方がよい。

PageTopに戻る

 サレルノ駅からフェリー乗り場Concordiaへ行き方

アマルフィへの行き方
※サレルノ駅・ホーム Binario(上)
◆サレルノまではナポリから列車(普通列車レッジョナーレまたは高速列車フレッチャロッサなどが運行)で36分〜40分。サレルノ駅からフェリー乗り場までは徒歩6分〜8分。
◆駅は大きくなく、出口(Uscita)も一箇所、2階部分がホーム(Binario)で、1階部分にチケット売場、タバッキ(売店)、旅行社などがある。
アマルフィへの行き方
※サレルノ駅 Stazione Salerno(上)
アマルフィへの行き方
※サレルノ駅を背にした道の風景(上左)、※海に向かう道の風景(上右)
◆サレルノ駅を出たら、駅を背にして、海の方に向かって真っ直ぐ進むと、目の前に海が見えてくる。
アマルフィへの行き方
※海沿いのコンコルディア広場(上)
◆海沿いにはコンコルディア広場(Piazzale Concordia)があり、フェリー乗り場は、さらに海の方向に真っ直ぐ歩く。(コンコルディア広場は大きな広場で、駐車場にもなっている)
アマルフィへの行き方
※フェリー乗り場に向かう道(上)
◆コンコルディア広場から海の方向を見ると、右手にハーバーがある。ハーバー横の一直線の道を海の方に進む。
アマルフィへの行き方
※フェリー乗り場の標識(上左)、※道沿いのハーバーの風景(上右)
◆フェリー乗り場に向かう一直線の道の入口付近には、「アマルフィ、ポジターノ行きの乗船場」の矢印が付いた標識がある。
アマルフィへの行き方
※フェリー乗り場へ向かう道、後ろを振り返るとサレルノ市街地が見える(上)
アマルフィへの行き方
※フェリー乗り場は白い尖がり帽のような屋根の建物が目印(上)
◆フェリー乗り場に向かう一直線の道を海に向かって進むと、白い尖がり帽のような屋根が見えてくる。この建物がフェリーのチケット売場で、フェリー乗り場も同じ場所にある。
アマルフィへの行き方
※フェリーのチケット売場と乗り場 Salerno Concordia(上)
◆サレルノのフェリー乗り場Salerno Concordia(サレルノ・コンコルディア)に到着。ここで「TravelMar社のフェリー」のチケットを購入し乗船する。

PageTopに戻る

 アマルフィのフェリー乗降場 ☆ チケット売場

アマルフィのフェリー乗り場
※アマルフィのフェリー乗降場(上)
◆アマルフィに着くとフェリー乗降場は、港の前の広場フラヴィオ・ジョイアの端に位置している。フェリーの乗降場の埠頭には、たくさんのフェリーや船、大勢の観光客が集まっている。
アマルフィのフェリー乗り場
※アマルフィのフェリー乗降場(上)
◆埠頭を広場側に進むとチケット売り場がある。シーズン中は大勢の観光客が乗船するので、帰りのチケットは早めに購入しておく方がよい。
アマルフィのフェリー乗り場
※アマルフィのフェリー・チケット売り場(上)
◆チケットの前売りはしていないので、乗船する日に早めに行ってチケットを購入する(2015.9月時点)。フェリーは定員になるとチケット販売は終了し、次の時間のチケット販売になる。時間に余裕を持って行動した方が安全。

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »