アグリジェント神殿の谷 ☆ ディオスクリ神殿

◆アグリジェント神殿の谷のディオスクリ神殿は、神殿の谷広場の道路を隔てた南西側に位置している。この南西側には、ディオスクリ神殿とジョーヴェ・オリンピコ神殿がある。アグリジェント神殿の谷のディオスクリ神殿の見どころ、入場方法、アクセスを写真満載で紹介。

◆ディオスクリ神殿は、紀元前5世紀末に建てられたものだが、カルタゴ軍に破壊され、ヘレニズム期に修復されたが、その後の地震によって倒壊し、現在は4本の円柱だけが残っている。

PageTopに戻る

 ディオスクリ神殿見どころ ☆ アグリジェント神殿の谷

アグリジェント神殿の谷
※4本の柱が残るディオスクリ神殿 ☆ アグリジェント神殿の谷
◆ディオスクリ神殿 Tempio dei Dioscuri(別名:カストル・ポルックス神殿)は、紀元前5世紀末に建造された小規模な周柱式ドーリス式神殿。
◆現在の神殿の規模は、横16m、縦34mで、柱の本数が4本のドーリス式。
◆ディオスクリとは、「ゼウスの息子たち」という意味で、万能の神ゼウスとスパルタ王妃レーダーとの間に生れた双子の息子、カルトルとポルックスに捧げられた神殿といわれている。
アグリジェント神殿の谷
※アグリジェント最古の地域 ディオスクリ神殿 ☆ アグリジェント神殿の谷
◆ディオスクリ神殿周辺は、アクラガス(紀元前6世紀頃アグリジェントはアクラガスと呼ばていた)の中でも、最古の地域で、大小さまざまな神殿の基部や祭壇、聖域、壕などの存在が認められている。円形、方形の祭壇跡は、犠牲祭祀を行ったとみられるヘレニズム・ローマ期のもの。

PageTopに戻る

 ディオスクリ神殿の構造 ~ アグリジェント神殿の谷

アグリジェント神殿の谷
エンタブラチュアの構造図 コーニス、フリーズ、アーキトレーブ<wikipediaより>
◆ディオスクリ神殿は、紀元前5世紀末に建てられたものだが、カルタゴ軍に破壊され、ヘレニズム期に修復されたものの、その後地震で倒壊し、瓦礫の山と化していたのを、1832年に周辺の断片を利用して、現在は4本の柱とエンタブラチュア(ENTABLATURE)の部分だけが復元されている。
◆エンタブラチュアとは、柱頭の上部へ水平に構築される部分で、モールディングや帯状装飾で飾られる部分のこと。エンタブラチュアは古代建築の重要な要素で、一般的にはアーキトレーブ(ARCHITRAVE)、フリーズ(FRIEZE)、コーニス(CORNICE)の部分に分かれる。
◆ アーキトレーブは、円柱と、円柱や各柱、壁との間に渡されたすぐ上の部分であり、フリーズとは装飾される場合もされない場合もある細長い部分、コーニスとは破風の下に張り出した部分である。

Amazonアソシエイト・プログラム広告

PageTopに戻る

 入場方法 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆アグリジェント神殿の谷の入口は2ヶ所に分かれて点在している。「神殿の谷広場」にある土産物店を背にして、斜め左側の入口からは、コンコルディア神殿、エルコレ神殿、ジュノーネ・ラチニア神殿へ行くことができ、右側の入口からは、ジョーヴェ・オリンピコ神殿跡、ディオスクリ神殿に行くことができる。
◆チケット売り場は、神殿の谷広場の斜め左側入口のコンコルディア神殿側にある。
◆神殿の谷広場は広く路線バスTUN社が発着するバス停留所、バール、土産物店などがある。
アグリジェント神殿の谷
※土産物店(左) 神殿の谷広場(右) ☆ アグリジェント神殿の谷
アグリジェント神殿の谷
※神殿の谷広場(左) ※広場にあるカフェ(右) ☆ アグリジェント神殿の谷
アグリジェント神殿の谷
※土産物店右側の入口 ☆ アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 チケット売り場 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆チケット売り場は、コンコルディア神殿側の入場口そば左にある。
チケット売場: コンコルディア神殿側 (小屋風の建物)
アグリジェント神殿の谷と州立考古学博物館の共通チケット:13.5ユーロ(2017.07.28時点)
アグリジェント神殿の谷のみチケット:10ユーロ(2017.07.28時点)
神殿の谷チケット売り場
※チケット売場(左) ※共通チケット(右) ☆ アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 チケット売り場周辺 ~ アグリジェント神殿の谷

◆チケット売場周辺には、ユネスコ世界遺産・文化遺産に1997年に登録された際の証明看板や「神殿の谷」の案内看板がある。
※「神殿の谷」の案内看板(下左)、※ユネスコ世界遺産の証明看板(下右)
アグリジェント神殿の谷
◆チケット売り場からは、広大な土地に点在する神殿へ向かうための遊歩道が続く。この遊歩道の両側には、オリーブの木、アーモンドの木、キョウチクトウの木が茂り、夏後半にはトンボが気持ち良さそうに木々に止まっていた。神殿の谷一帯は、古代には30万人もの人々が住み、発展した町だったといわれている。
※神殿群へ向かう遊歩道(下左)、※広大な神殿の谷の景観(下右)
アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

名称アグリジェント神殿の谷
所在地Agrigento AG, Sicilia, イタリア
電話+39 0922 621657
時間9:00〜19:00
休日無休
公式サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/831/
ネット予約
アクセスアグリジェント・フラテッリ・ロッセッリ広場のバスターミナルからTUN社バス1番、2番、3番発着
備考入場チケット料は、10ユーロ  ※州立考古学博物館との共通券は13.5ユーロ

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »