アグリジェント神殿の谷 ☆ エルコレ神殿

◆ アグリジェント神殿の谷のエルコレ神殿は、神殿の谷広場にあるバールを背にして、正面に見える8本の円柱で、コンコルディア神殿側のチケット売場そばに位置している。アグリジェント神殿の谷のエルコレ神殿見どころ、入場方法、アクセスを写真満載で紹介

◆アグリジェント神殿の谷のエルコレ神殿は、ドーリス式神殿の中で最も古い紀元前520年に建造されたもの。その後、地震で倒壊したが、20世紀に柱部分のみが修復され、現在に至っている。天に向かって延びる円柱は力強く、別名のヘラクレスの名にふさわしい神殿。

PageTopに戻る

 エルコレ神殿の見どころ ☆ アグリジェント神殿の谷

アグリジェント神殿の谷
※復元された現在のエルコレ神殿 ☆ アグリジェント神殿の谷
◆アグリジェント神殿の谷のエルコレ神殿 Tempio di Ercole(別名:ヘラクレス神殿)は、ドーリス式神殿の中では最も古い紀元前520年に建造されたもの。当時の神殿の規模は、横25m、縦67m、高さ16mと縦長で、柱の本数は6×15本だったといわれている。その後地震で倒壊し放置されていた。
アグリジェント神殿の谷
※エルコレ神殿の力強く強調されたエンタシス ☆ アグリジェント神殿の谷
◆地震倒壊後の瓦礫の山だったエルコレ神殿を、1924年に英国人考古学者ハードキャッスル卿が、現在の8本の柱を復元した。エルコレ神殿東側には、石材の重さで窪んだ轍(わだち)の跡なども残っている。
◆エルコレ神殿は、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスに捧げられた神殿といわれている。ヘラクレスの名の通り、他の神殿よりも柱のエンタシス(円柱の中ほどにつけられた膨らみ)が、力強く強調されている。

 アグリジェントのギリシャ神殿 ☆ アグリジェント神殿の谷

アグリジェント神殿の谷
※8本の柱が残るエルコレ神殿 ☆ アグリジェント神殿の谷
◆アグリジェントのギリシャ神殿の特徴は、縦長で内部空間がギリシャ本土とは異なることと正面を強調したモニュメンタル性だといわれている。
◆シチリア島海岸沿いにギリシャの文化が根付いたのは、紀元前8世紀以降。ギリシャ人がシチリア海岸に、マグナ・グレキア(大ギリシャ)と呼ばれる植民都市を建設した。神殿は都市の勢力を誇示する象徴的で、モニュメンタルな宗教建築が次々と造られ、紀元前6世紀頃にドーリス式建築が流入したといわれている。

PageTopに戻る

 エルコレ神殿からの景観 ☆ アグリジェント神殿の谷

アグリジェント神殿の谷
※アグリジェント神殿の谷から見た風景
◆エルコレ神殿から下を眺めると、南の海の方角には、国道との交差点付近に、テローネの墓(Tomba di Terone)と呼ばれる小さな塔を見ることが出来る。この塔は、カルタゴ軍と戦ったローマ兵の記念碑だそうだ。

Amazonアソシエイト・プログラム広告

PageTopに戻る

 入場方法 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆アグリジェント神殿の谷の入口は2ヶ所に分かれて点在している。「神殿の谷広場」にある土産物店を背にして、斜め左側の入口からは、コンコルディア神殿、エルコレ神殿、ジュノーネ・ラチニア神殿へ行くことができ、右側の入口からは、ジョーヴェ・オリンピコ神殿跡、ディオスクリ神殿に行くことができる。
◆チケット売り場は、神殿の谷広場の斜め左側入口のコンコルディア神殿側にある。
◆神殿の谷広場は広く路線バスTUN社が発着するバス停留所、バール、土産物店などがある。
アグリジェント神殿の谷
※土産物店(左) 神殿の谷広場(右) ☆ アグリジェント神殿の谷
アグリジェント神殿の谷
※神殿の谷広場(左) ※広場にあるカフェ(右) ☆ アグリジェント神殿の谷
アグリジェント神殿の谷
※土産物店右側の入口 ☆ アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 チケット売り場 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆チケット売り場は、コンコルディア神殿側の入場口そば左にある。
チケット売場: コンコルディア神殿側 (小屋風の建物)
アグリジェント神殿の谷と州立考古学博物館の共通チケット:13.5ユーロ(2017.07.28時点)
アグリジェント神殿の谷のみチケット:10ユーロ(2017.07.28時点)
神殿の谷チケット売り場
※チケット売場(左) ※共通チケット(右) ☆ アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 チケット売り場周辺 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆チケット売場周辺には、ユネスコ世界遺産・文化遺産に1997年に登録された際の証明看板や「神殿の谷」の案内看板がある。
アグリジェント神殿の谷
※「神殿の谷」の案内看板(左) ※ユネスコ世界遺産の証明看板(右)
◆チケット売り場からは、広大な土地に点在する神殿へ向かうための遊歩道が続く。この遊歩道の両側には、オリーブの木、アーモンドの木、キョウチクトウの木が茂り、夏後半にはトンボが気持ち良さそうに木々に止まっていた。神殿の谷一帯は、古代には30万人もの人々が住み、発展した町だったといわれている。
アグリジェント神殿の谷
※神殿群へ向かう遊歩道(左) ※広大な神殿の谷の景観(右)

PageTopに戻る

名称アグリジェント神殿の谷
所在地Agrigento AG, Sicilia, イタリア
電話+39 0922 621657
時間9:00〜19:00
休日無休
公式サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/831/
ネット予約
アクセスアグリジェント・フラテッリ・ロッセッリ広場のバスターミナルからTUN社バス1番、2番、3番発着
備考入場チケット料は、10ユーロ  ※州立考古学博物館との共通券は13.5ユーロ

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »