アグリジェント神殿の谷 ☆ ジュノーネ・ラチニア神殿の見どころ

◆アグリジェント神殿の谷の神殿群のひとつジュノーネ・ラチニア神殿は、神殿の谷の東端、最も高い標高120mの丘の頂点に建つドーリス式神殿。アグリジェント神殿の谷のジュノーネ・ラチニア神殿の見どころ、入場方法、アクセスを写真満載で紹介。

◆アグリジェント神殿の谷のチケット売場から、なだらかな坂道を上がっって、コンコルディア神殿を通り越し、さらに登って行くと、丘の頂点にジュノーネ・ラチニア神殿がそびえ建っている。

◆他の神殿群とは距離をおいたところに位置しているので、孤高の雄姿のように目立つ。この位置から、南に広がる地中海と遺跡群の風景はとても美しい。

PageTopに戻る

 ジュノーネ・ラチニア神殿見どころ ~アグリジェント神殿の谷

アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿 25本の柱と柱の上のエンタブラチュア部分
◆ジュノーネ・ラチニア神殿 Tempio di Giunone Lacinia(別名:ヘラ神殿)は、紀元前460年〜440年頃に建造された周柱ドーリス式で、ギリシャ神話の最高神ゼウスの正妻ヘラに捧げられたといわれている神殿。
◆神殿の規模は、横17m、縦38m、高さ15mで、柱の本数は横6本×縦13本
◆ジュノーネ・ラチニア神殿は、建造後、カルタゴ軍の進攻と中世に起きた地震で全壊し、現在は25本の柱と柱の上のエンタブラチュア(横部分)の一部が形を留めている。
◆基壇に残る白い漆喰は、ギリシャ時代に基壇や柱が白く塗られていたことを物語っている。フリーズやコーニス、シーマは、赤や黄や青で塗られていたそうだ。現在は凝灰岩がむき出しになって地味だが、アグリジェントの殆どの神殿が彩色神殿だったといわれている。
アグリジェント神殿の谷
※カルタゴの進攻の際、炎上して焼けただれた石が赤く変色して遺跡の一部に残っている
アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿の左側面 基壇には白い漆喰が残っている
アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿の正面と右側面
◆エンタブラチュアとは、柱頭の上部へ水平に構築される部分で、モールディングや帯状装飾で飾られる部分のこと。エンタブラチュアは古代建築の重要な要素で、一般的にはアーキトレーブ(ARCHITRAVE)、フリーズ(FRIEZE)、コーニス(CORNICE)の部分に分かれる。 アーキトレーブは、円柱と、円柱や各柱、壁との間に渡されたすぐ上の部分であり、フリーズとは装飾される場合もされない場合もある細長い部分、コーニスとは破風の下に張り出した部分である。
※エンタブラチュアの構造図 コーニス、フリーズ、アーキトレーブ<wikipediaより>
アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 ジュノーネ・ラチニア神殿周辺 ~アグリジェント神殿の谷

◆コンコルディア神殿を見た後、なだらかな坂道をさらに登ると、丘の頂上にある木々に囲まれたジュノーネ・ラチニア神殿(ヘラ神殿)がある。途中には見晴らしのいい高台もある。
◆ジュノーネ・ラチニア神殿からは、「神殿の谷」が一望でき、遥か彼方にはコンコルディア神殿も見える。「神殿の谷」の広さが痛感できる眺望を堪能できる。
◆ジュノーネ・ラチニア神殿から、丘の道を降りるときは、登って来たなだらかな道が、かなり急に感じるくらい、ジュノーネ・ラチニア神殿は高い位置にある。
※木々に囲まれた丘の頂点にあるジュノーネ・ラチニア神殿(下)
アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿周辺の景観 途中見晴らしのいい高台もある(下)
アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿(下)
アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿からの景観(下)
アグリジェント神殿の谷
※ジュノーネ・ラチニア神殿からの景観(下)
アグリジェント神殿の谷

Amazonアソシエイト・プログラム広告

PageTopに戻る

 入場方法 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆アグリジェント神殿の谷の入口は2ヶ所に分かれて点在している。「神殿の谷広場」にある土産物店を背にして、斜め左側の入口からは、コンコルディア神殿、エルコレ神殿、ジュノーネ・ラチニア神殿へ行くことができ、右側の入口からは、ジョーヴェ・オリンピコ神殿跡、ディオスクリ神殿に行くことができる。
◆チケット売り場は、神殿の谷広場の斜め左側入口のコンコルディア神殿側にある。
◆神殿の谷広場は広く路線バスTUN社が発着するバス停留所、バール、土産物店などがある。
アグリジェント神殿の谷
※土産物店(左) 神殿の谷広場(右) ☆ アグリジェント神殿の谷
アグリジェント神殿の谷
※神殿の谷広場(左) ※広場にあるカフェ(右) ☆ アグリジェント神殿の谷
アグリジェント神殿の谷
※土産物店右側の入口 ☆ アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 チケット売り場 ☆ アグリジェント神殿の谷

◆チケット売り場は、コンコルディア神殿側の入場口そば左にある。
チケット売場: コンコルディア神殿側 (小屋風の建物)
アグリジェント神殿の谷と州立考古学博物館の共通チケット:13.5ユーロ(2017.07.28時点)
アグリジェント神殿の谷のみチケット:10ユーロ(2017.07.28時点)
神殿の谷チケット売り場
※チケット売場(左) ※共通チケット(右) ☆ アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

 チケット売り場周辺 ~ アグリジェント神殿の谷

◆チケット売場周辺には、ユネスコ世界遺産・文化遺産に1997年に登録された際の証明看板や「神殿の谷」の案内看板がある。
※「神殿の谷」の案内看板(下左)、※ユネスコ世界遺産の証明看板(下右)
アグリジェント神殿の谷
◆チケット売り場からは、広大な土地に点在する神殿へ向かうための遊歩道が続く。この遊歩道の両側には、オリーブの木、アーモンドの木、キョウチクトウの木が茂り、夏後半にはトンボが気持ち良さそうに木々に止まっていた。神殿の谷一帯は、古代には30万人もの人々が住み、発展した町だったといわれている。
※神殿群へ向かう遊歩道(下左)、※広大な神殿の谷の景観(下右)
アグリジェント神殿の谷

PageTopに戻る

名称アグリジェント神殿の谷
所在地Agrigento AG, Sicilia, イタリア
電話+39 0922 621657
時間9:00〜19:00
休日無休
公式サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/831/
ネット予約
アクセスアグリジェント・フラテッリ・ロッセッリ広場のバスターミナルからTUN社バス1番、2番、3番発着
備考入場チケット料は、10ユーロ  ※州立考古学博物館との共通券は13.5ユーロ

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »