アマルフィのドゥオモ博物館 ☆ Duomo di Amalfi

◆アマルフィ・ドゥオモの旧聖堂は、16世紀に大聖堂から分離されバロック様式に全面改装され、イスラム的な特徴を消し去るために漆喰が塗られた。

◆旧聖堂は、現在「Basilica del Crocifisso」と呼ばれる博物館として使用されている。 旧聖堂・博物館には、アマルフィの歴史と栄華が色濃く凝縮された多くの聖具やフレスコが展示されている。

◆アマルフィのドゥオモ旧聖堂・博物館の見どころを写真満載で紹介。

 アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館の見どころ

アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館の入口
◆旧聖堂・博物館入口は、大聖堂を出て右側にアトリウムを進み、右側にある「Basilica del Crocifisso」の看板があるところ。Basilica del Crocifissoは直訳すると「十字架に磔にされた聖人たちの徳を称えるために建てられた聖堂」の意味で、通称「磔刑のキリストの聖堂」と呼ばれている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆アマルフィの旧聖堂は、当初は三廊式の構造であったが、中央の広い身廊と海側の側廊だけが博物館として使用されている。三廊式の山側の側廊は取り壊された後、隣にある「天国の回廊」が建設された。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆旧聖堂の博物館には、アマルフィの歴史と栄華が色濃く凝縮された、フレスコ画や壁画、聖体礼儀を行うための聖器物・祭服・イコン・十字架といった聖具が展示されている。

PageTopに戻る

 旧聖堂・博物館の見どころ ☆ アマルフィのドゥオモ

アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆旧聖堂・博物館を入った右側には、13~14世紀のフレスコ画が描かれた2つの礼拝堂が並んでいる。かつて地中海の諸国から多くの商人や船乗りが集う国際商業都市であったアマルフィ、博物館には歴史と栄華を示す多くの品々が展示されている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆旧聖堂・博物館のスペースは広くはないが、展示物はところ狭しと飾られているので、見ごたえがある。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆大司教が乗ったと思われる18世紀の中国製、黒の漆に金彩色の輿(乗物)には、東洋の風景と人物が描かれている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆木で造られたキリスト像、幼子イエスを片手に抱いた聖母マリア像、そして聖体儀礼を行う際にまとわれた祭服など。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆繊細な細工が美しい聖器物の数々が展示されている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆聖堂に関する古い資料と様々な形の聖杯。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆聖体礼儀を行うために使われた華やかな細工の十字架や聖杯など。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆Madonna delle Neveは「雪のような聖母マリア」という意味のイコン(聖画)。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆繊細な細工と色合いが美しい展示品の数々。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館

PageTopに戻る

 主祭壇 ☆ アマルフィのドゥオモ

アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆旧聖堂・博物館の主祭壇には、15世紀の大司教アンドレア・デ・パレアレア(Andrea de Palearea)の遺体が納められた大理石の石棺が置かれている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆主祭壇の両側には、聖母マリア、聖コズマとダミアーノ(S.Maria Assunta, S.Cosma e Damiano)のフレスコ壁面や絵画が展示されている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆幼子イエスを抱く聖母マリアの左側には、X字型の十字架で処刑されて殉教したといわれているアマルフィの守護聖人アンドレア(Sant’Andrea)が描かれている。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆主祭壇の左側には、初期キリスト教会の古い壁画と石柱の一部が残されている。反宗教改革の時代に旧聖堂は改名され、大聖堂から分離されてバロック様式に改装された。その時はイスラム的要素は徹底的に排除されたそうだ。
アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 旧聖堂・博物館
◆しかし、1931年に往時の姿への復元を目指して修復が開始され、60年の歳月を経て修復を完遂させた。その結果アマルフィのドゥオモは、キリスト教会とイスラムの様式が混在するドゥオモとなった。

 地下礼拝堂入口 ☆ アマルフィのドゥオモ

アマルフィのドゥオモ旧聖堂
※アマルフィのドゥオモ ☆ 地下礼拝堂入口
◆旧聖堂・博物館の主祭壇の右(海側)には、地下礼拝堂(Cripta)へ降りる入口がある。ここから豪華絢爛な装飾の地下礼拝堂へ入る。

PageTopに戻る

名称アマルフィのドゥオモ Duomo di Amalfi
所在地Via Duca Mansone I, 1, 84011 Amalfi SA, イタリア
電話+39 089 871324
時間8:00〜19:00(冬期は12:30〜14:30クローズ)
休日なし 但し1月1日休日
公式サイト
ネット予約
アクセス
備考無料(天国の回廊および美術館は有料)

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »