アマルフィ街歩き ☆ Amalfi

◆アマルフィのメインストリート「Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano」という長い名前の細い通り。メインストリートには多くのショップやホテルなどがあり観光客で賑わっている。メインストリートの見どころやショップを写真満載で紹介。

◆アマルフィのメインストリートを山へと向かって歩くと「手漉き紙資料館・水車の里」や「市民墓地」がある。

 アマルフィ街歩き ☆ 見どころ

アマルフィ
※アマルフィのメインストリート入口・フラヴィオ・ジョイア広場
◆フラヴィオ・ジョイア広場からドゥオモの鐘楼が見える方向に進むと、街のメインストリート「Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano」という長い名前の細い通りがある。このメインストリートには多くのショップやホテルなどがあり、観光客が集まっているので分かりやすい。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリート Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano
◆メインストリート「Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano」を少し入ると道は広くなる。そこがドゥオモ広場で、広場の正面には長い階段があり、その上にアマルフィの大聖堂ドゥオモがそびえ建っている。
アマルフィ
※アマルフィのドゥオモ・ドゥオモ広場からの風景
アマルフィ
※アマルフィのメインストリート Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano
◆ドゥオモ広場から、さらにメインストリート「Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano」を進むと道の両側には多くの土産物店やカフェがある。このメインストリート両側の山の斜面には、細い階段路地が幾重にも入り組んで広がり、ホテル、バール、そして市民の居住エリアが密集している。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリート Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano
◆メインストリート「Via Lorenzo di Amalfi-Via Pietro Capuano」のはずれにある噴水「La Fontana DE CAPE ‘E CIUCCI」の辺りまで来ると土産物店は少なくなり、レストランやトラットリアが増えてくる。
アマルフィ
※噴水「La Fontana DE CAPE ‘E CIUCCI」
◆「La Fontana DE CAPE ‘E CIUCCI」は、2つの顔型彫刻から噴水が吹き出している。噴水の中には小さな魚が泳ぎ、さらにコインまで投げ込まれている。
アマルフィ
※手漉き紙資料館・水車の里
◆手漉き紙資料館は、メインストリートを山へと向かって歩くと小さな広場Piazza Spirito Santoの先にある。手漉き紙資料館内には、古い水車やプレス機、アマルフィの伝統的な手漉き紙つくりに関する資料文献が多数保管・展示されている。

PageTopに戻る

 アマルフィのメインストリートのショップ

アマルフィ
※アマルフィのメインストリートのショップ
◆アマルフィのメインストリートには多くの土産物店が立ち並んでいる。アマルフィ・コーストはレモンの産地で、多くのレモン農家がある。土産物店では、レモンチェッロをはじめ、レモンの石鹸、パヒューム、お菓子など、レモンから作られたものが多く店先に並んでいる。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリートのショップ
◆アマルフィは南イタリア屈指のリゾート地のため、世界じゅうの国から多くの観光客が訪れ、街はシーズン中はずっと賑わっている。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリート
◆夜も遅くまで土産物店やレストラン、カフェなどが営業しているので、メインストリートは賑やか。危険な場所はないので、気軽に夜の散歩が楽しめる。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリートのショップ
◆アマルフィ・コーストは、陶器「マヨルカ焼」の産地でもある。色鮮やかなプレートや壺、人形など、いろいろな陶器が土産物店には並んでいる。写真は陶器と手工芸品の店「IL Ninfeo」。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリートのショップ
◆マヨルカ焼の絵柄は、地元の美しい風景、名産の果物、色とりどりの草花など、多岐に渡り、鮮やかな色で描かれている。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリートのショップ
◆土産物店には、レモン製品の他にワイン、グラッパ、乾燥パスタ、オリーブの瓶詰めなども販売されている。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリート脇の路地
◆アマルフィのメインストリートの両側には、細い路地が山の斜面に向かって迷路のように広がっている。階段を登って行くとホテルやB&B、レストラン、カフェ、バール、地元の人達の居住エリアなどがある。
アマルフィ
※アマルフィのメインストリートのショップ
◆アマルフィのメインストリート脇の路地にあるレモンのクレープ・ショップ。レモンのジェラートやジュースなど、レモンの珍しいデザートも食べることができる。

PageTopに戻る

 アマルフィのビーチサイド

アマルフィ
※アマルフィ東側に向かう高台から見たビーチ
◆アマルフィ東側にある「月の修道院」に向かう高台から見たビーチSpiaggia Grande。
アマルフィ
※フラヴィオ・ジョイア広場の端にあるフェリー乗船の埠頭
◆フラヴィオ・ジョイア広場の端の湾には、フェリーや遊覧船が停泊する埠頭がある。ここからサレルノ、ソレント、カプリなどへ行くフェリーに乗ることができる。エメラルドの洞窟を周遊する観光船も発着している。
アマルフィ
※ビーチの埠頭で結婚式の撮影
◆偶然に見かけた結婚式の撮影。カメラマンの要望に応えて、様々なポーズをきめる花嫁と花婿の姿が、街の開放的な雰囲気にマッチしていた。
アマルフィ
※ビーチ沿いにあるレストラン「Stella Maris」
◆砂浜に建つレストラン「Stella Maris」は、気軽に一人でもランチやディナーをすることができる。ピッツァやワインなどもあるのでバーとして利用も可能。
アマルフィ
※ビーチ沿いにあるショップとカフェ
◆ビーチ沿いのフラヴィオ・ジョイア広場にあるカフェやショップも観光客で賑わっている。
アマルフィ
※アマルフィの玄関口フラヴィオ・ジョイア広場
◆フラヴィオ・ジョイア広場には、バスのターミナル、自動車の大型駐車場、フェリー乗り場の埠頭などがあり、アマルフィの交通の玄関口になっている。
アマルフィ
※アマルフィ・市民墓地
◆アマルフィのドゥオモ裏、急斜面の上に市民墓地はある。市民墓地は、かつてベネディクト会の修道院であった建物である。柱列とアーチからなるシンプルな建物。ここまで登るとレモン畑やアマルフィの街、港が一望でき美しい。

PageTopに戻る

 アマルフィの港と街のMAP

アマルフィ
※アマルフィの港と街のMAP

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »