レオナルド・ダ・ヴィンチの作品紹介 イタリアの画家

Leonardo da Vinci
レオナルド・ダ・ヴィンチ 1452〜1519年
◆レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)は、ルネサンスを代表する画家で、博学者でもある。「飽くなき探究心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備え、解剖学、動植物学、天文学、地質学、物理学などの分野に顕著な業績を残た万能の天才といわれている。そしてミケランジェロやラファエッロとともにルネサンス盛期の三大巨匠である。
◆レオナルド・ダ・ヴィンチのレオナルドは「姓」で、ダ・ヴィンチは「ヴィンチ村出身の)」を意味している。レオナルドは幼少期を村の自然(川、樹木、生物)を友にして、研究心を育んで過ごした。その研究心の成果が「遠近法」や「スフマート技法」で、彼の作品に多大に表現されている。
◆レオナルドは多才な人物で、存命中から現在に至るまで、画家としての名声がもっとも高いといわれているが、現存するレオナルドの絵画は「モナ・リザ」、「最後の晩餐」など15点ほどしかなく決して多くはない。これはレオナルドが完全主義者で、何度も自身の作品を破棄したこと、新たな技法の実験に時間をかけていたこと、一つの作品を完成させるまでに長年に渡って何度も手を加える習慣があったこと、などによるといわれている。
◆67歳で死去するまで、絵画以外にも武器の研究開発、太陽エネルギーや計算機の理論、解剖学、土木工学、光学、流体力学の分野でも重要な発見をしていた。しかしレオナルドがこれらの発見を公表しなかったために、後世の科学技術の発展に直接の影響を与えることはなかった。

PageTopに戻る




PageTopに戻る

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ作品
  • 最後の晩餐(L’Ultima Cena) 1495〜1498年
    サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会・ミラノ
  • ◆「最後の晩餐」は、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(かつては修道院)の食堂を飾る壁画として描かれ。壁画は通常フレスコで描くところをレオナルドは「最後の晩餐」をテンペラで描いため、修道院の食堂の湿気をたえず吸収してしまった。また1943年に連合軍の空爆によって建物が破壊されて構造が大打撃を受けた。これらの事で、見る影もなく悲惨な運命を辿ってしまった。しかし20世紀の修復という科学によって、現在は真のレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐は復活した。
  • ◆「最後の晩餐」は、レオナルドの思索の軌跡が細部ににじみ出る表現されている。
    ①使徒それぞれの思惑や感情を表す“魂の動き”
    ②イエスや使徒に光輪はなく、イエスの背景の窓から差し込む光、遠近法により構成された自然主義的な描写
    ③テーブルの上の魚、クロスの結び目、テーブルクロスやタペストリーの柄、比較線が描かれた右足などのディテールへのこだわり。
    「最後の晩餐」はドラマティックな一瞬を切り取った構図、使徒一人一人の“魂の動き”を描き出す手腕は、修道院の食堂から続いているかのように描かれた仮想空間の演出といったレオナルドの神技が宿った作品といわれている。

PageTopに戻る

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品
モナ・リザ(La Gioconda) 1503〜1519年
ルーヴル美術館・パリ
◆「モナ・リザ」(別名:ラ・ジョコンダ)は、レオナルドが16世紀に描いた小規模な肖像画で、世界で最も有名な絵画作品といわれている。モデルの詳細については様々な説があるが、もはやそれほど重要ではなく、長年の探求の末に見出された理想の姿、あるいは世界の真理を、いかにレオナルドが一枚の絵に落とし込むに至ったかだといわれている。
◆「モナ・リザ」は、描かれている女性が浮かべているとらえ所のない微笑が高く評価されている。口元と目に表現された微妙な陰影が、この女性の謎めいた雰囲気をもたらしている。この微妙な陰影技法は「スフマート」と呼ばれている。
◆「モナ・リザ」の特徴は、飾り気のない衣装、うねって流れるような背後の風景、抑制された色調、極めて高度な写実技法などが挙げられる。これらの特徴は顔料に油絵の具を使用することによってもたらされたものだが、絵画技法はテンペラと同様の手法が用いられており、画肌表面で顔料を混ぜ合わせた筆あとは殆ど見られていない。

PageTopに戻る

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」 2つの作品

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ作品
  • ルーブル美術館・パリ 1483〜1486年(左) ナショナル・ギャラリー・ロンドン 1495〜1508年(右)
  • ◆「岩窟の聖母(Vergine delle Rocce)」は、ほぼ同じ構図と構成で描かれた2点の作品がある。最初に描かれたといわれる作品はルーヴル美術館が所蔵し、あとから描かれたといわれる作品はナショナル・ギャラリーが所蔵している。
  • ◆どちらの「岩窟の聖母」にも、聖母マリアと幼児キリスト、幼い洗礼者ヨハネと天使が岩窟を背景として描かれている。
  • ◆二つの作品の構成における重要な相違点として、絵画右側の天使の視線の向きと右手の位置が挙げられている。その他の細かな相違点としては色使い、明るさ、植物、スフマートと呼ばれるぼかし技法の使い方に違いがあるといわれている。
  • ◆ルーブル美術館にある「岩窟の聖母」は、1483年にミラノで制作依頼を受けて描かれたが、何らかの理由でレオナルドはこの作品を密かに別人に売却し、後にナショナル・ギャラリーにある「岩窟の聖母」を描き直して、ミラノへと引き渡したと考えられている。
  • ◆内容が酷似した作品が、なぜ2点制作されたのかについては、様々な説が存在している。ルーブル美術館所蔵の「岩窟の聖母」は、レオナルドが初めて創り完成したといわれるスフマート技法を完璧に示している作品であるともいわれている。

PageTopに戻る

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「洗礼者ヨハネ」

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品
洗礼者ヨハネ(San Giovanni Battista) 1513〜1516年 ルーブル美術館・パリ
◆レオナルドの最晩年の作品とされる「洗礼者聖ヨハネ」は、「モナリザ」、「聖アンナと聖母子」とともに生涯手元に残した作品。レオナルドは、晩年期、失意の中ローマを去り、フランソワ一世の招きによりフランスへ向かい、フランスで「洗礼者聖ヨハネ」を描いた。
◆モナリザを思わせる「洗礼者聖ヨハネ」の端正な顔立ちと微笑みは、レオナルドが同性愛者だったという推測に基づき、寵愛していた弟子ジャン・ジャコモ・カプロッティ(通称サライ)をモデルにしたという説もある。注文された形跡はなく、レオナルド本人が自ら望んで描き始め、レオナルドの思索が存分に反映された作品といわれている。

PageTopに戻る

 レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ作品
  • 受胎告知(Annuciazione) 1472〜1475年
    ウフィツィ美術館・フィレンツェ
  • ◆レオナルド初期の頃の作品「受胎告知」は、予期せぬ天使の訪れで読書を中断させられたマリアの右手は、今まで読んでいた聖書に置かれ、左手は歓迎あるいは驚きを意味する立てた状態に描かれている。冷静ともいえるこの若きマリアのポーズは、神の母たる役割に服従するのではなく、自信に満ちて受け入れることを意味しているといわれている。
  • ◆若きレオナルドはこの「受胎告知」でマリアを神格化せずに、人間の女性として描いた。これは神の顕現において人間が果たす役割を認識していることを表しているともいわれている。
  • ◆「受胎告知」は、初期の作品でありながらレオナルドの研究心と観察眼が、天使の羽根、書見台や植物などの表現に明確に描かれている。

PageTopに戻る

スポンサーリンク




GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »