ナポリのヌォーヴォ城の見どころ ☆ アクセス ☆ イタリア

◆ナポリのヌォーヴォ城(Castel Nuovo Napoli)の外観や内部の見どころ、ヌォーヴォ城の中にある市立美術館の見どころを写真満載、アクセスMap付きで紹介。

◆ヌォーヴォ城は、円筒状の5つの塔を持つ城壁で囲まれたナポリ防衛のために建築された城。アルフォンソの凱旋門の見事な浮き彫りは必見。ヌォーヴォ城の2階にはパノラマ・テラスがあり、ナポリ湾のパノラマ・ビューを一望することができる。

ナポリのヌォーヴォ城
※ナポリのヌォーヴォ城

 ヌォーヴォ城へのアクセス ☆ ナポリ地下鉄

ナポリのヌォーヴォ城
※ヌォーヴォ城へのアクセス ☆ ナポリ
◆ナポリのヌォーヴォ城へ行くには、地下鉄LINE1(1号線)に乗って、ムニチーピオ駅で下車する(Chick here)。地上に上がるとムニチーピオ広場(Piazza Municipio)があり、ヌォーヴォ城がすぐ目の前に見える。ナポリの地下鉄ムニチーピオ駅は、2015年にできた新しい駅。古いデータのサイトを見ると最寄り駅の名前が異なっているが、ヌォーヴォ城に行くにはムニチーピオ駅が一番近くて便利(2017年8月現在)
ナポリのヌォーヴォ城
※ヌォーヴォ城へのアクセス ☆ ナポリ
◆ヌォーヴォ城のあるムニチーピオ駅からは、徒歩圏内に人気観光スポット(王宮、プレビシート広場(パオラ聖堂)、ウンベルト1世ガッレリアetc)がある。
◆ヌォーヴォ城前のムニチーピオ広場には、ナポリの市内観光できる乗り降り自由な赤いバス「City Sightseeing Napoli」の発着所とチケット売り場がある。

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城のチケット売り場

ナポリのヌォーヴォ城
※チケット売り場 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ヌォーヴォ城のチケット売り場は、アルフォンソの凱旋門のアーチを入った右側にある。チケット料金は6ユーロ(2017年7月時点)で、2階にあるナポリ市立美術館(Museo Civico)の見学も含まれている。
ナポリのヌォーヴォ城
※青銅の扉-コピー(左) 青銅の扉-実物(右)☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆アルフォンソの凱旋門にある青銅の扉は、チャールズ8世がフランス行きの船に積み込んだ戦利品の一部であるとわれている。現在、アルフォンソの凱旋門にある扉はコピーで、実物はヌォーヴォ城の中にあるナポリ市立美術館に展示されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※チケット売り場 ☆ アルフォンソの凱旋門の内側・ヌォーヴォ城
◆ヌォーヴォ城のチケット売り場があるアルフォンソの凱旋門内側の天井は、バローニの広間(ヌォーヴォ城内)と同じ恒星を形どった設計になっている。

 ナポリ・ヌォーヴォ城の入口

ナポリのヌォーヴォ城
※ナポリ・ヌォーヴォ城内の中庭と入口
◆ヌォーヴォ城の中に入るとパティオ(中庭)のような広場があり、真っ直ぐ進むと城の中や市立美術館を見学するための入口(右側)とパラティーナ礼拝堂の展示館を見学するための入口(中央)、バローニの広間を見学するための入口(左側)がある。
ナポリのヌォーヴォ城
※ナポリ・ヌォーヴォ城の案内ボード
◆ヌォーヴォ城の入口の案内ボードには、
SALA CARLO Ⅴ(カルロ5世の広間)は2階、MUSEO CIVICO(市民美術館)は2階と3階、SALA DELLA LOGGIA(ロッジャの広間)は4階、TERRAZZO PANORAMICO(パノラマ・テラス)、CAPELLA DELLE ANIME PURGANTI(煉獄のチャペル)1階、ASCENSORE(エレベーター)、TOILET(トイレ)と書かれている。
ナポリのヌォーヴォ城
※ナポリ・ヌォーヴォ城
◆イタリアの建物の階層は、
1Piano(プリモ・ピアノ)が2階、2Piano(セコンド・ピアノ)が3階という標示。日本でいうところの1階はPianoterra(ピアノテッラ)と書かれている。

PageTopに戻る

 ナポリのヌォーヴォ城の外観と歴史

ナポリのヌォーヴォ城
※ヌォーヴォ城 ☆ ナポリ
◆ナポリのヌォーヴォ城(Castel Nuovo)は、王の居城であった卵城(Castel dell’Ovo)とカプアーノ城(Castel Capuano)が港から遠すぎて、敵の侵入を防ぐのに適さなかったため、2つの城の中間地点に新たな城が必要とされ建築された。
◆ヌォーヴォ城はアンジュー家の新しい城として、1279年にナポリ王カルロ1世の治世下で、フランスの建築家Pierre de Chauleよって、フランスのアンジェ城をモデルに建築された。このため通称マスキオ・アンジョイーノ(Masxhio Angioino)「アンジュー家のやぐら」とも呼ばれている。
ナポリのヌォーヴォ城
※ヌォーヴォ城の堀の跡 ☆ ナポリ
◆港沿いにあるヌォーヴォ城は、当時の最新技術を用いて防御効果の高い4つの塔を配して築き上げられ、城の周りには堀がはりめぐらされていた。この堀の名残りは、現在も見ることができる。
ナポリのヌォーヴォ城
※ヌォーヴォ城 ☆ ナポリ
◆ヌォーヴォ城はカルロ1世の孫ロベルト王時代には、ボッカチオなどの文学者や芸術家が多く訪れ栄華を極めたものの、内部のパラティーナ礼拝堂以外は全て破壊されたため、現在ではその痕跡は殆ど残っていない。
◆それは次の支配者スペインのアラゴン家がヌォーヴォ城を改修したためだった。アンジュー家とアラゴン家は南イタリアの覇権を争う宿敵同士だった。両家の争いに終止符が打たれたのは1442年で、アラゴン家アルフォンソ5 世によるナポリ攻略でだった。
ナポリのヌォーヴォ城
※ヌォーヴォ城 ☆ ナポリ
◆ナポリ王アルフォンソ1世となったアラゴン家アルフォンソ5 世は、ナポリ到着後ただちにヌオーヴォ城の全面改築を1443年に行った。防御用の円筒状の5つの塔を備えた堅牢な城(現在の城)は、16世紀初頭までナポリの重要な防衛拠点となっていた。

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城のアルフォンソの凱旋門

ナポリのヌォーヴォ城
※アルフォンソの凱旋門 ☆ ヌォーヴォ城 ☆ ナポリ
◆アルフォンソの凱旋門(Arco di trionfo di Alfonso)は、正面の3つの塔のうち、右側2つの塔の間にあり、アラゴン家のアルフォンソのナポリ入城を記念して1468年に完成された。黒ずんだ城壁の間に、白い大理石で造られたアルフォンソの凱旋門は一際目立ち、見事な浅浮き彫りの彫刻が素晴らしい。
ナポリのヌォーヴォ城
※アルフォンソの凱旋門 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆アルフォンソの凱旋門に施されている彫刻は、アーチの上がアラゴン家の紋章を示すレリーフ、その上が王の凱旋行進の様子を示す「アルフォンソ王の凱旋行進」、さらに上には「節度・剛毅・公正・雅量」を現した4つの像があり、頂上には「大天使聖ミカエル」がそびえ立っている。このアルフォンソの凱旋門はルネサンス様式の傑作といわれている。
ナポリのヌォーヴォ城
※アルフォンソの凱旋門 アーチの内側の彫刻 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆アルフォンソの凱旋門のアーチの内側にも、王や兵士達の威風堂々とした様子をイメージした見事な彫刻が、保存状態よく残されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※アルフォンソの凱旋門 アーチの内側の彫刻 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城のパラティーナ礼拝堂

ナポリのヌォーヴォ城
※ナポリ・ヌォーヴォ城のパラティーナ礼拝堂
◆中庭にあるの中央の入口は、パラティーナ礼拝堂(Capella Palatina)に残された「聖母マリアに捧げる金・銀製品(Ori e Argenti dell’Annunziata)」の展示がされていた。聖母マリアに捧げられた金・銀に輝きを放つ聖具はメインの展示品。
ナポリのヌォーヴォ城
※パラティーナ礼拝堂の展示館 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆内部には1300~1400年代のフレスコ画が数多く展示されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※パラティーナ礼拝堂の展示館 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆内部正面には、保存状態のよいキリストを抱いた聖母マリアの大理石の像がある。また宗教儀式に使われたゴールドの王冠やシルバーの聖具も展示されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※パラティーナ礼拝堂の展示館 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ヌォーヴォ城の中で、破壊を受けなかったといわれるパラティーナ礼拝堂は、この他にも数多くの彫刻や聖母マリア像が残っている。

 ナポリ・ヌォーヴォ城の煉獄のチャペル

ナポリのヌォーヴォ城
※煉獄のチャペル ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆煉獄のチャペル(Capella delle Anime Purganti)は1階入口の左側にあり、内装はバロック様式で装飾され、壁画や金色の木枠で仕上げられたパネルにはフレスコ画や絵画が施されている。
◆主祭壇の中央の絵には、マドンナ・デル・カルミネ(Madonna del Carmine)、聖セバスティアーノ(Sebastiano)、グレゴリオ・マーニョ(Gregorio Magno)が描かれている。

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城のバローニの広間

ナポリのヌォーヴォ城
※バローニの広間 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆バローニの広間(Sala dei Baroni)は、ヌォーヴォ城の中庭左側端の専用階段を上がったところに入口がある。アンジュー家のロバートによって1330年に建てられたバローニの広間は、当初は玉座の間として、ジョットのフレスコ画や古代の英雄、サムソン、ヘラクレス、ソロモン、アキレス、ヘクター、アエネアス、アレクサンダーやシーザーなどが描かれていたといわれている。これらのフレスコ画は、現在は残念ながら名残りも見ることもできない。
ナポリのヌォーヴォ城
※バローニの広間 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆バローニの広間(Sala dei Baroni)は、アルフォンソの治世中(1442-1458)にアラゴンによって拡張された。
ナポリのヌォーヴォ城
※バローニの広間 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆バローニの広間の高さは28mで、天井は恒星を形どった設計が施されている。恒星の骨組みはグレーで、天井の色は黄色という印象的なコントラストのドーム型になっている。
ナポリのヌォーヴォ城
※バローニの広間 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆バローニの広間の中央には、主壇上があり、両側には階段状の座席が並べられている。この広間は最後の50年間は、市議会の場として使用されていたそうだ。

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城の市立美術館

ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ヌォーヴォ城の2階、3階にある市立美術館( Museo Civico)は、ナポリの歴史についての展示品やナポリで活躍した画家達の絵画が数多く展示されている。ナポリには国立考古学博物館と国立カポディモンテ美術館という有名な2大美術館があるが、市立美術館の作品もナポリという町を知るうえでは興味深いものがある。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ナポリはスペインやフランスなどの異国に支配された複雑な事情を持った町。その歴史を描いた絵画は詳細に描写されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆マルコ・カーディスコ作「ヤギの礼拝」、ペーセコ・デ・ローザ作「アブラハムと3人の天使」、フランチェスコ・ソリメナ作「セント・マウロ・アバーテと聖母子」、ヴィンチェンツォマリネ作「セセア・モーマイルと1547年の蜂起ナポリ」など多くの作品を展示。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆写真左は題名「処女マリアとアッシジの聖フランチェスコ、聖ジロラモ(Immacolata coi Santi Francesco d’Assisi e Girolamo)」でSevero Ieraceの作品。写真右は題名「十字架上のキリスト(Crocifissione)」でAntonio Stabile(1569-1584)の作品。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆写真左は題名「サン・ニコルの偉業(San Nicola in groria)」でLuca Giordano(1634-1704)の作品。写真右は題名「受胎告知(Annunciazione)」でAndrea Malinconico(1635-1689)の作品。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ヌォーヴォ城で使われていた調度品や絵画も展示されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆Gioacchino Toma(1836-1891)作の「家でのミサ(La messa in casa)」やVincenzo Caplile(1856-1936)作の「古きナポリ(Vecchia Napoli)」など19世紀から20世紀の作品も多く展示されている。
ナポリのヌォーヴォ城
※市立美術館 Museo Civico ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆題名は「ナポリへガリバルディの勝利の凱旋(L’ingresso trionfale di Garibaldi a Napoli)」はFranz Wenzel(1829-1866)の作品。イタリア統一運動に貢献したガリバルディ軍が勝利して凱旋した様子を描いたもの。

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城のパノラマ・テラス

ナポリのヌォーヴォ城
※パノラマ・テラスからの風景 ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ヌォーヴォ城のパノラマ・テラスからは、紺碧のナポリ湾、いまは静かにそびえ立つヴェスヴィオ山、ソレントやポジターノ行きの船やフェリーが発着するベヴェレッロ埠頭などが見えて、眺めのよいビューポイントになっている。
ナポリのヌォーヴォ城
※パノラマ・テラス ☆ ヌォーヴォ城・ナポリ
◆ナポリ湾が一望できるパノラマ・テラスは、ヌォーヴォ城2階にある。

PageTopに戻る

 ナポリ・ヌォーヴォ城のMAP

PageTopに戻る

名称ヌォーヴォ城 Castel Nuovo Napoli
所在地Piazza Municipio - 80133 Naples NA, イタリア
電話+39 081-7957722
時間8:30〜19:00 (入場18:00迄)
休日日曜日
公式サイト
ネット予約
アクセスヌォーヴォ城は、ムニチーピオ広場(Piazza Municipio)のそば、海沿いにあるので目立つ
備考料金 6ユーロ ※2017.7月時点

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »