ジェズ教会の見どころ☆シチリア・バロック様式の豪華絢爛な内部

◆ジェズ教会は、バラッロ市場のあるアルベルゲリア地区で一番壮大な教会。パレルモのヴィットリオ・エマヌエーレ大通り(Corso Vittorio Emanuele)とマクエダ通り(Via Maqueda)が交差したところから、旧市街の裏通りを入った細い路地ポンティチェッロ通り(Piazza del Ponticello)を進むと左手に見えてくる。

◆ジェズ教会は、シチリア・バロック様式の教会で、外観はシンプルだが、内部は豪華絢爛な大理石の象嵌細工やスタッコ装飾が施され、パレルモ観光で見逃せないスポットの一つ。

◆ジェズ教会の見どころ、内部装飾、入場方法、アクセス方法を写真満載、Map付で紹介。

PageTopに戻る

 ジェズ教会の歴史☆Chiesa del Gesu☆パレルモ

◆ジェズ教会の歴史は古く、1549年シチリアに上陸したイエズス会の修道士達が、当時の副王ジョヴァンニ・デ・ヴェガの庇護の元、現在の教会があるエリアを拠点に影響力を増大させ、1564年に教会建築に着手した。設計はイエズス会所属の建築家、ジョヴァンニ・トリスターニだが、設計者の死と時期を同じくする1577年には中止されてしまう。
◆その後1591年に工事は再開されたが、最終的な設計がイエズス会所属の建築家ナターレ・マスッチョで決まったのが1603年。ファサードはこのマスッチョのデザインだが、この外観だけ見たのでは内部の豪華さは想像つかない。
◆紆余曲折を経て、1636年に一応完成したが、その後もイエズス会がシチリア王国から追放されるまで続き、更に復興が認められた後にも装飾が再開され、1800年代なかばまで続いていたといわれる程、長期に亘っていた。
◆ジェズ教会は、1943年に第2次大戦の爆撃によって、壊滅的な被害を受け、クーポラと主身廊と翼廊部、殆どの礼拝堂の天井は崩れ落ち、破壊されてしまった。その後の修復作業で、いまは全てが見事に蘇っている。
◆ジェズ(Gesu)とは、イタリア語で「イエスまたはイエズス」の意で、イエズス会直系の教会ということを示している。
※ジェズ教会の簡素な外観(下左)、※ジェズ教会前にある看板(下右)
ジェズ教会

PageTopに戻る

 主祭壇と主身廊☆ジェズ教会の内部☆パレルモ

◆ジェズ教会の見どころは、何と言ってもその豪華絢爛な内部装飾。これだけの内部装飾に仕上げるために200年以上もかかったといわれている。大理石の象嵌細工やスタッコ細工が至るところに使われている内部は、シチリアを代表するシチリア・バロック様式の傑作に数えられるのもの納得できる。
◆200年以上かけた内部装飾に携わった、装飾家、スタッコ装飾家、フレスコ画家達は、パレルモを代表する数多くの彫刻家や画家達が名を連ねている。
◆ジェズ教会の内部は3身廊に分かれていて、主身廊と両側に2つの翼廊がある。3身廊とも壁面全体は、大理石の象嵌細工やスタッコ細工が施され、天井にはフレスコ画という豪華絢爛な装飾で覆い尽くされている。
◆主身廊の天井部分には、フレスコ画が描かれているが、このフレスコ画は、第2次大戦の爆撃後に修復されたもの。爆撃後に壁面装飾の大理石の象嵌細工やスタッコ細工はオリジナルに近いものにした反面、天井のフレスコ画はやや繊細さに欠けて見える。
※豪華絢爛な装飾が施されているジェズ教会(下)
ジェズ教会
※主祭壇上の装飾とステンドガラス、フレスコ画(下)
ジェズ教会
※主身廊の天井部分に広がる戦後修復されたフレスコ画(下)
ジェズ教会
※豪華絢爛なジェズ教会の内部(下)
ジェズ教会

PageTopに戻る

 両側の翼廊と礼拝堂☆ジェズ教会の内部☆パレルモ

◆ジェズ教会の主身廊の両側の翼廊も華麗で、大理石の象嵌細工やスタッコ細工で覆われ、それぞれの翼廊に4つずつ礼拝堂が並んでいる。
◆ジェズ教会の内部には、大きなパイプオルガンがあるが、まわりの内装があまりにも豪華な装飾で、装飾に埋もれて、通常の教会のほど目立たない。
◆4つずつ礼拝堂並ぶ翼廊には、「聖遺物容れ付き十字架像」があり、この「聖遺物容れ付き十字架像」は左側翼廊の入口から4番目の礼拝堂にある。
※ジェズ教会の内部にあるパイプオルガン(下)、※「聖遺物容れ付き十字架像」(下右)
ジェズ教会
※両側の翼廊や礼拝堂部分も豪華な装飾(下左)、※入口付近にあるジェズ教会の案内看板(下右)
ジェズ教会

PageTopに戻る

 ジェズ教会へのアクセス

◆ジェズ教会へは、パレルモのヴィットリオ・エマヌエーレ大通り(Corso Vittorio Emanuele)とマクエダ通り(Via Maqueda)が交差したところから、旧市街の裏通りを入った細い路地ポンティチェッロ通り(Piazza del Ponticello)を進むと左手にある。バッラロの市場やクアットロ・カンテやカテドラーレからも近い。
◆宿泊ホテルが遠い場合は、路線バス101番、105番でクアットロ・カンテで下車し、徒歩でもジェズ教会まで7~8分程度。また24時間乗り放題で、乗り降り自由のシティ・サイトシーイング・パレルモ(City Sightseeing Palermo)という2階建て観光バスもクアットロ・カンテやカテドラーレに停車する。
●路線バス(AMAT)
☆105番 カラタフィーミ通り→インディペンデンツァ広場→ヌォーヴァ門→ヴィットリオ・エマヌエレ大通り→ノルマン王宮→カテドラーレ→クアットロ・カンティ→マリーナ広場
☆101番:ローア通り→ポリテアーマ劇場→リベルタ通り→デ・ガスペリ広場→リベルタ通り→ポリテアーマ劇場→ルッジェーロ・セッティモ通り→クアットロ・カンテ→マクエダ通り→中央駅
●シティ・サイトシーイング・パレルモ(City Sightseeing Palermo)
☆Aコース ポリテアーマ劇場→マッシモ劇場→クアットロ・カンティ→ステーリ宮→植物園→ノルマン王宮・パラティーナ礼拝堂→カテドラーレ→ヴッチリアの市場(所要時間60分)
※路線バス(下左)、※シティ・サイトシーイング・パレルモ・バス(下右)
アクセス

PageTopに戻る

名称ジェズ教会 Chiesa del Gesu☆パレルモ
所在地Piazza Casa Professa,1,90134 Palermo,イタリア
電話+39 091 327 334  +39 091 607 6111
時間7:00〜12:00 16:00〜18:30
休日
公式サイト
ネット予約
アクセス
備考入場は無料 (2013.08.26時点) ※ミサや宗教行事の際は拝観不可

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »