ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネの見どころ ☆ Ravello

◆ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネは、絶壁にあり、海よりも空に近い場所と称された展望台「無限のテラス」を持つ、美しく広大な庭園。ヴィッラ・チンブローネの見どころ、チケット売場、庭園内MAPを写真満載で紹介。

◆ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネは、11世紀に8ヘクタールの広大な土地に邸宅として建築され、その後数々の人に手に渡り、20世紀初頭にイギリスのグリムトルペ卿が古い邸宅を再興し、「世界で最も美しい場所」と称されて人気を集め、グレタ・ガルボをはじめ多くの著名人がこのVilla Cimbroneを訪れた。敷地内にはホテルやレストランも併設されている。

 ヴィッラ・チンブローネ Villa Cimbrone ☆ ラヴェッロ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネ ☆ 無限のテラス ☆ ラヴェッロ
◆紺碧のティレニア海を見下ろす壮大なラヴェッロ・ヴィッラ・チンブローネの「無限のテラス」
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネ庭園内MAP ☆ ラヴェッロ
◆ヴィッラ・チンブローネ庭園内MAPはチケット売場でくれる。見ながら回ると見学しやすい。
①回廊(Chiestro) ②聖堂(Cripta) ③無限の並木道(Vialle dell’ immenso) ④ケレスの神殿(Tempio di Cerere) ⑤無限のテラス(Terrazza dell’ Infinito) ⑥マーキュリー休息(l’Ermes in riposo) ⑦バッカスの神殿(Tempietto di Bacco) ⑧イヴの洞窟(Grotta di Eve) ⑨ダヴィデ像(David) ⑩バラ園(Terrazzo delle Rose) ⑪離れ(Tea Room) ⑫アジサイの小道(Viale delle Ortensie)

PageTopに戻る

 ヴィッラ・チンブローネの遊歩道入口 ☆ ラヴェッロ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネの遊歩道入口
◆ヴィッラ・チンブローネへのアクセスは、ドゥオモ広場(Piazza Duomo)にあるヴィッラ・ルーフォロの先を左に曲がり、坂道を500mほど上がると、ヴィッラ・チンブローネの遊歩道入口がある。ここは小さな街ラベッロの中で、中心地より最も離れた観光スポット。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネの遊歩道
◆小さなアーチをくぐると、目の前が開け、緑豊かなオゾンを感じる遊歩道になる。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネの入口
◆遊歩道を歩いていくと、塔を備えた風格ある佇まいのヴィッラ・チンブローネの入口がある。チケット売り場は、この入口の階段を上がり、中に入った右側にある。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネの入口左横にある邸宅棟
◆ヴィッラ・チンブローネの入口左横には邸宅棟があり、ヴェネチア様式の窓や細長いムリオン窓、ねじり円柱で仕上げられた窓などが装飾され、ファサード、柱頭、テラコッタの装飾も美しい造りになっている。

 ヴィッラ・チンブローネのチケット売場、料金 ☆ ラヴェッロ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※チケット売場(左) ※入口の裏、ヴィッラ・チンブローネの中側(右)
◆入口を入った右側にあるチケット売場は、風情ある建物に馴染むような造りになっている。チケットを購入すると一緒にヴィッラ・チンブローネの園内MAPをくれる。(日本語版はなし)
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ヴィッラ・チンブローネのチケット
◆チケット料金:7ユーロ(2015.9.27時点)。

PageTopに戻る

 回廊 Chiestro ☆ ヴィッラ・チンブローネ ☆ ラヴェッロ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※回廊 Chiestro ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆ヴィッラ・チンブローネの門をくぐった左手の邸宅棟1階に、建物で囲まれた小さな優雅な中庭、アラブ、シチリア、ノルマン様式の回廊がある。回廊は、グリムトルペ卿の命によって1910年から1913年にかけて修復された。テラコッタ・タイルは、ルカ・デッラ・ロッピア(Luca della Robbia)によるもの。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※回廊 Chiostro ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆回廊の支柱で支えられた2列のアーチには、グリムトルペの家紋が施されている。崩壊していた部分や宗教装飾は、元のデザインに復元され、大理石や木製の彫刻、レリーフが配されている。「七つの大罪」、「ノルマンの九戦士」、「キリストの降架図」の3つのレリーフなど。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※七つの大罪 ☆ 回廊 Chiostro ☆ ヴィッラ・・チンブローネ
◆七つの大罪(I setti Peccati Mortali)とは、6世紀後半に教皇グレゴリウス1世が定めた、人間を罪へと導く可能性がある七つ欲望や感情のこと。「傲慢」、「嫉妬」、「憤怒」、「怠惰」、「強欲」、「暴食」、「色欲」を表す。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ノルマンの九戦士 I Nove Guerrieri Normanni ☆ 回廊 ☆ ヴィッラ・・チンブローネ(上)
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※回廊 Chiostro ☆ ヴィッラ・・チンブローネ
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※回廊 Chiostro ☆ ヴィッラ・・チンブローネ
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※回廊 Chiostro ☆ ヴィッラ・・チンブローネ

PageTopに戻る

 聖堂 Cripta ☆ ヴィッラ・チンブローネ ☆ ラヴェッロ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※聖堂 Cripta ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆回廊の左手奥は、見晴らしのよいテラスを兼ねたゴシック様式の聖堂がある。この聖堂は、邸宅を再興したグリムトルペ卿の生誕の地、イギリスのヨークシャーの修道院をモチーフにしているそうだ。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※聖堂 Cripta ☆ ヴィッラ・チンブローネ

PageTopに戻る

 無限の並木道、ケレスの神殿 ☆ ヴィッラ・チンブローネ ☆ ラヴェッロ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※邸宅棟にあるレストラン(左) ※無限の並木道(右)☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆邸宅棟には、ホテルとレストランが併設され、現在も運営されている。その横を藤棚に覆われた「無限の並木道(Vialle dell’ immenso)」が、無限のテラスへと続いている。季節折々には、藤の花以外にも桜やアジサイなどが咲き誇る長く続く並木道。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限の並木道からの風景 ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限の並木道の左側には、ティレニア海、緑豊かな山々、整備されたホテル・ヴィッラ・チンブローネの中庭が見える。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限の並木道からの風景 ☆ ヴィッラ・チンブローネ
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ケレス=デメテルの神殿 Tempio di Cerere ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限の並木道の先には、豊饒の神「ケレス=デメテルの神殿」がある。ドーリア様式の開放的な神殿とケレスの像には太陽が降り注ぎ、この先にある「無限のテラス」の壮大なパノラマを予感させる。

PageTopに戻る

 無限のテラス Terrazza dell’ Infinito ☆ ヴィッラ・チンブローネ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス Terrazza dell’ Infinito ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆ラヴェッロ随一の景観を誇る「無限のテラス」は、ティレニア海の大パノラマが広がる断崖上の展望台。かつてアンドレ・ジイド(Andre Gide)は、ラヴェッロについて『そう、なにしろここは海よりも空が近いのだ。』と記した、という天空の地。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス Terrazza dell’ Infinito ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限のテラスには一箇所せり出した部分があり、そこに立ち、眼下に広がる海や崖の下の街を見ていると、鳥になって飛んでいるような気分になる。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス Terrazza dell’ Infinito ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限のテラスのフェンスある彫刻は、ローマ創設者といわれる雌狼に育てられた双子の一人ロムルス(Romulus)をはじめ、王政時代のルキウス・ユニウス・ブルトゥスによって、ローマから追放された傲慢王タルクィニウス(Lucius Tarquinius Superbus)など、7人の王の大理石の胸像で飾られている。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス Terrazza dell’ Infinito ☆ ヴィッラ・チンブローネ
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス Terrazza dell’ Infinito ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限のテラスからは、教会の鐘楼が印象的なアトラーニの街や、風光明媚なリゾート地として注目されているミノーリの街の風景などを見ることができる。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限のテラスの右側からは、海に面したアマルフィの岬の塔(Torre Saracena)が小さく見える。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※無限のテラス ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆無限のテラスの左側からは、アマルフィ・コーストの中でも最大の広い砂浜を持つ、ビーチリゾート地マイオーリの街の風景が見える。

PageTopに戻る

 マーキュリーの休息 バッカスの神殿 イヴの洞窟

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※マーキュリー=エルメスの休息 l’Ermes in riposo ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆マーキュリーの丘にはブロンズ像「マーキュリー=エルメスの休息」の複製がある。本来のブロンズ像はナポリ国立美術館の収蔵されている。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※マーキュリーの丘からのドラゴン渓谷  ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆マーキュリーの丘の展望台からは、ドラゴン渓谷(Valle di Dragone)のパノラマが一望できる。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※バッカス=ディオニュソスの神殿 ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆マーキュリーの丘の階段を少し降りて、糸杉の並ぶ遊歩道を進むと、小さなドーム屋根のバッカス=ディオニュソスの神殿(Tempietto di Bacco)がある。中央の台座には、幼少のバッカスを肩にのせたサテュロスのブロンズ像が立つ。この神殿は1917年にロンドンで死去したグリムトルペ卿の墓所でもある。季節にはラベンダーが咲き、香りに包まれる。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※イヴの洞窟 ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆ヴィッラ・チンブローネの緑の中を続く道を進むと、何もなさそうな林に、ちょっと見落としそうな洞窟に「イヴの洞窟(Grotta di Eve)」があり、中にはガラスケースに保管された「イヴの像」がある。透き通る肌を想わせる大理石で出来た、このイヴの像は、18世紀のローマの彫刻家タドリーニ(Tadolini)による作品。

PageTopに戻る

 バラ園 Terrazzo delle Rose ☆ ヴィッラ・チンブローネ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※バラ園 ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆バラ園(Terrazzo delle Rose)は、幾何学模様の花壇が並ぶ、イタリアらしい造りの庭園。バラ園を囲むフェンスに埋め込まれている、色鮮やかなモザイクも彩りを添えている。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※バラ園 Terrazzo delle Rose ☆ ヴィッラ・チンブローネ
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※バラ園の噴水(左) ※バラ園中央の日時計(右) ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆バラ園中央には、かつての日時計があり、ゆっくりとした時が流れた往時を想わせる。バラ園の隅には、かつて噴水として使われていたような長方形の遺構がある。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※バラ園 Terrazzo delle Rose ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆バラ園には、1年を通して様々な種類のバラが咲く。

PageTopに戻る

 離れ、ダヴィデ像、アジサイの小道 ☆ ヴィッラ・チンブローネ

ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※離れ Tea Room ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆バラ園を奥に進むと、円柱列に支えられた「離れ(Tea Room)」と呼ばれる建物がある。自然に囲まれた「離れ」は、外周をアラベスク模様で装飾され、開放的な造りになっている。塔(Torre)を備えた邸宅棟(Palazzo)のそばに位置している。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※離れ Tea Room ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆離れの前には、ローマ時代中期以降の精巧な彫像が配された4本の石柱が建っている。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※離れ Tea Room ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆その他にも、2頭の鹿のブロンズ像や繊細な細工のオブジェなどが配されている。
ラヴェッロのヴィッラ・チンブローネ
※ダヴィデ像 David、アジサイの小道 Viale delle Ortensie ☆ ヴィッラ・チンブローネ
◆離れを背にして、バラ園に戻り、右へ曲がると、豊かな緑に囲まれた遊歩道にブロンズ製の「ダヴィデ像」がある。この「ダヴィデ像」はもちろんレプリカで、1440年に作られた本物のドナテッロ作「ダヴィデ像」は、フィレンツェの「バルジェッロ美術館」に収蔵されている。よく知られているダヴィデ像とは異なるが、この男性女性を超越した立ち姿のドナテッロ作「ダヴィデ像」は、厳しい戦を制した若者を現しているといわれている。
◆さらに進むとレンガ積みの円柱が棚を支える「アジサイの小道」があり、背の高い木々と花壇の間の舗装された小道をたどると、ヴィッラ・チンブローネの入口に戻る。庭園内は広大な敷地なので、ゆっくり見学するなら3時間くらいはかかる。

PageTopに戻る

名称ヴィッラ・チンブローネ Villa Cimbrone ☆ ラヴェッロ
所在地Via Santa Chiara, 26、84010 Ravello SA、イタリア
電話+39 089 857459
時間9:00〜日没まで
休日
公式サイトvillacimbrone.com
ネット予約
アクセス
備考料金:7ユーロ  (2015.9.27時点)

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »