ラヴェンナ
ラヴェンナ
ラヴェンナ
ラヴェンナ
ラヴェンナ
ラヴェンナ

ラヴェンナ Ravenna モザイク芸術の宝庫|観光ガイド

ラヴェンナは、ヴェネツィアの南、アドリア海に面した、ビザンチン美術の花咲いた古都である。イタリア観光のメインルートからはずれているが、モザイクに興味のある人には、ラヴェンナを抜きにしてモザイクを語れないほど重要な町といえる。光輝く圧倒的な『世界遺産指定のモザイク遺跡』は町中にあふれ、一度見たら心を奪われ忘れられないほどの素晴らしさだ。

  • 世界遺産ラベンナへの行き方

    列車
    ヴェネツィア(Venezia)→ フェッラーラ(Ferrara) → ラヴェンナ(Ravenna)

    所要時間
    3時間(列車は1時間に1本)

    ※イタリアでも重要観光スポットのひとつだが、フェッラーラから1時間20分またはボローニャから1時間30分と乗り換えが必要で、ラヴェンナに辿り着くためには多少難易度が高い。

    ※列車時間を調べるにはトーマスクック・ヨーロッパ鉄道が便利。

    ※ラヴェンナの駅は、ファリーニ広場(Piazza Farini)のところにある。

 サン・ヴィターレ教会 Basilca di San Vitale
サン・ヴィターレ教会は、ビザンチン建築・初期キリスト教建築の代表的な聖堂(Basilca)で、6世紀前半に建設された。古い歴史を持つ八角形の建物で、シンプルな外観。 ※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」
SanVitale
外観はシンプルだが、内部に入ると壮大な空間に、光輝く圧倒的なモザイク装飾が施されている。天井の大天蓋には、蔦模様とさまざまな象徴の取りあわせが紺地と金の組み合わせを基調として配置されている。目がくらむ程、まばゆくて圧巻。
SanVitale
内部入り口のアーチ部分には、中央にキリストと4天使が配されたモザイクがある。アーチ部分を囲むように12使徒のメダイヨンが配置されている。
SanVitale
SanVitale
主祭檀左側の壁面上部に描かれた「ユスティニア帝が宮廷人を従えた図」とその向かいの「テオドラ王妃と随臣・侍女達の図」は、金色のバックに鮮やかなコントラストで見事に描かれている。
SanVitale
その他にも、聖書のエピソードや自然の景観、動物などのモザイク芸術がたくさんあり、調和の取れた美しさが時の経つのを忘れさせる。サン・ヴィターレ教会入口のこの門(写真右)は、サン・ヴィターレ通り(Via S.Vitale)から見える。
SanVitale

PageTopに戻る

 ガッラ・プラチーディア廟 Mausoleo di Galla Placidia
ガッラ・プラチーディア廟は、サン・ヴィターレ教会に隣接した敷地にあるローマ建築の霊廟。ラヴェンナの基盤をつくったテオドシウス1世の娘である娘ガッラ・プラチーディアによって建てられたといわれているモザイクで包まれた小さな廟。今日残っている石棺は4世紀と5世紀のもので、ガッラ・プラチーディアの親族のものであるとされている。 ※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」
GallaPlacidia
簡素な外観とは異なり、霊廟内のモザイクは、色調がバラエティに富んでいることでも有名。
GallaPlacidia
四辺のアーチは赤で縁取られ、その下の壁面には小窓と泉を飲む鳩を囲んで2組ずつの4人の聖人像が画かれている。「水盤から水をのむ白い鳩の図」(写真下)。
GallaPlacidia
入り口上部の壁面には、絶妙の構図で描かれた十字架を持つキリストと羊の群れが見られる「よき羊飼いの図」。中央部の天井には、星がちりばめられた濃紺の天空の中心に黄金十字架が輝く。
GallaPlacidia
GallaPlacidia

PageTopに戻る

サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会 Basilica di Sant’Apollionare Nuovo
この教会の起源は古く、6世紀の初めゴート族の王、テオドリックによって王宮教会として建てられた。コリント式の柱の上部には、モザイクがびっしり装飾されていて素晴らしい。 ※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」
Sant'ApollionareNuovo
Sant'ApollionareNuovo
下の写真は、教会内右側にある「貢物を手にした26人の殉教者が、テオドリック王の宮廷からキリストのもとに向かう図」。
Sant'ApollionareNuovo
教会内左側にある「東方の3賢王と22人の聖女達が聖母子に貢物を捧げる図」
Sant'ApollionareNuovo
Sant'ApollionareNuovo

PageTopに戻る

サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂 Basilica di Sant’Apollionare in Classe
町から南に5kmくらい野原の中にあるこの教会は、ラヴェンナのビザンチン教会として最も見事なものといわれている。祭壇の上を飾る半ドームのモザイクは、素朴な構図ながら鮮やかな色彩が瑞々しく、時の経つのを忘れるくらい、引き寄せられる魅力に満ちている。 ※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」
Sant'Apollionare in Classe
半ドームの上部には、預言者モーゼと預言者エリヤに囲まれ、青い円形内に浮かぶ巨大な黄金の十字架があり、これを3匹の白い羊が画かれている。この羊はペテロ、ヨハネ、ヤコブを表現している。。
Sant'Apollionare in Classe
十字架の下には、十字架に両手を挙げる聖アポリナリスの像が配置され、それを12匹の羊が囲んでいる。
Sant'Apollionare in Classe
Sant'Apollionare in Classe
窓左端にある「司教レパラトゥスと皇帝コンスタンティノス4世の図」は、7世紀にレパラトゥスによって挿入されたもの(写真下左)。窓部分の右端の「アベル、メルキゼデク、アブラハムが神に犠牲を捧げる図」(写真下右)。
Sant'Apollionare in Classe
緑に包まれた清澄な野原に建つ、この教会には静穏な時の流れている。
Sant'Apollionare in Classe

PageTopに戻る

 ネオニアーノ洗礼堂 Battistero Neoniano
ポポロ広場南西にあるネオニアーノ洗礼堂は、八角形の5世紀頃の建物。内部中央には、洗礼者ヨハネによりヨルダン川で洗礼を受けるキリストのシーンが描かれ、その周りを12使徒が囲むように描かれている。 ※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」
BattisteroNeoniano
BattisteroNeoniano
使徒たちのモザイクの外側には、象徴的な玉座や祭壇が描かれている。
BattisteroNeoniano
一番下の部分は、コリントとビザンチン様式の柱頭があり、その間をモザイクで装飾されている。アラビア風の葉模様と預言者達が描かれている。
BattisteroNeoniano
BattisteroNeoniano

PageTopに戻る

 大司教博物館 Museo Arcivescovile
大司教博物館は、ネオニアーノ洗礼堂のそばのビザンチン工芸の博物館。象牙の浮き彫り椅子「マクシミアヌスの司教座」は6世紀のもので、細部にわたって丁寧な浮き彫りが施されている。最盛期のラヴェンナを偲ばせる品々が多い。 ※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」
MuseoArcivescovile
金や青や赤など、有色のガラスの小片を寄せあわせ埋め込んだイコンのモザイク装飾。ビザンチン芸術の質と技術の高さが伺える。
MuseoArcivescovile

PageTopに戻る

 ダンテの墓 Sepolcro di Dante
ダンテは長く住んでいたフィレンツェを追われ、晩年はラヴェンナに落ち着いた。この地で「神曲」を書き上げ、町の宝でもあるモザイクを称賛し「色彩のシンフォニー」と記述したといわれている。
Sepolcro di Dante

PageTopに戻る

 ポポロ広場 Piazza Popolo ドゥーモ Duomo
ラヴェンナの見所は、このポポロ広場周辺の500m四方のところに集中しているので、徒歩で充分に観光できる。このポポロ広場へは、ラヴェンナ駅前のファリーニ広場(Piazza Farini)から、街路樹の美しい大通りViale Fariniを500mほど西に歩くと辿り着く。※画面下の「ラヴェンナ観光マップ」 ドゥーモを挟んで左右に、ネオニアーノ洗礼堂と大司教博物館がある。
PiazzaPopolo-Duomo

PageTopに戻る

 ラヴェンナ観光マップ

Click on the Number(ナンバーをクリックで建物画像表示)

 
                       
 
   
   
 
     
 
   
 

大司教博物館
プラチーディア廟
サン・ヴィターレ教会
ヌオーヴォ教会
イン・クラッセ聖堂
ポポロ広場

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »