ラヴェンナの見どころとアクセス Ravenna イタリア

◆ラヴェンナは、イタリアのアドリア海に面したビザンチン芸術が花咲いた金色に輝くモザイクの町。サン・ヴィターレ教会,ガッラ・プラチーディア、サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会など、ラヴェンナの見どころを写真満載、アクセスMap付きで紹介。

◆ラヴェンナはイタリア観光のメインルートからはずれているが、モザイクに興味のある人には、ラヴェンナを抜きにしてモザイクを語れないほど重要な町。光輝く圧倒的なモザイク芸術は、一度見たら心を奪われて忘れられないほどの素晴らしさである。1996年に世界遺産に登録された。

  • ラヴェンナへのアクセス

    列車でラヴェンナまで
    ・ヴェネツィア・メストレからフェッラーラまで約1時間
    ・フェッラーラで乗り換えてラヴェンナ駅まで約1時間5分

    ※ヴェネツィア・サンタルチア駅からボローニャで乗換のルートもある

    ※ラヴェンナの駅は、ファリーニ広場にある

    ※列車の発着時間を調べたり、切符予約は、
    トレニタリア(TRENITALIA)の公式サイトが便利 ここをClick »

ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会 イタリア

◆ラヴェンナの町の中心にあるサン・ヴィターレ教会(Basilca di San Vitale)は、ビザンチン建築・初期キリスト教建築の代表的な聖堂で、6世紀前半に建設された古い歴史を持つ八角形の建物はシンプルな外観。サン・ヴィターレ教会入口の門は、サン・ヴィターレ通り(Via S.Vitale)から見つけることができる。
◆ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会の内部に入ると壮大な空間に、光輝く圧倒的なモザイクが施され豪華絢爛で驚かされる。天井の大天蓋は、ゴールドを基調としたモザイクに、色とりどりのモザイクがデザイン配置されている。大天蓋や壁面には、蔦模様やさまざまな象徴的シンボルがデザインされている。
◆サン・ヴィターレ教会内部の入口の上のアーチ部分には、キリストを中心に4人の天使が補佐するようなデザインがされたモザイク壁画がある。アーチの内側部分には12使徒のメダイヨンのモザイクが施されている。
◆主祭檀左側の壁面には「ユスティニア帝が宮廷人を従えた図」のモザイク壁画、主祭檀右側には「テオドラ王妃と随臣・侍女達の図」のモザイク壁画がある。両方の壁画は光輝くゴールドのモザイクを背景に、それぞれ色鮮やかな色合いで、見事なコントラストで対比されている。
◆ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会の内部では、その他にも聖書のエピソード、自然の景観、動物などのモザイク芸術をたくさん見ることができる。
ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会・イタリア
※ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会の外観はビザンチン建築の八角形の建物
ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会・イタリア
※光輝くモザイクが施されているラヴェンナのサン・ヴィターレ教会の内部
ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会
ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会・イタリア
※ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会内部の「キリストと4天使」のモザイク壁画
ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会
※「ユスティニア帝が宮廷人を従えた図」と「テオドラ王妃と随臣・侍女達の図」
ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会
※アーチには12使徒のモザイク・デザイン ※サン・ヴィターレ通りから見たサン・ヴィターレ教会の門(右)

PageTopに戻る

ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟 イタリア

◆ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟(Mausoleo di Galla Placidia)は、サン・ヴィターレ教会に隣接した敷地にあり、ローマ建築の小さな霊廟。ラヴェンナの基盤をつくったテオドシウス1世の娘であるガッラ・プラチーディアによって、キリストの聖遺物(十字架)を納めたサンタ・クローチェ聖堂の付属建築物として建てられた。現在、霊廟にある石棺は4世紀と5世紀のもので、ガッラ・プラチーディアの親族の石棺といわれている。
◆ビザンチン建築の外観はシンプルだが、霊廟の内部はモザイクの色合いがヴァリエーションに富んでいて美しいことで有名。内部はアーチ状の構造で、アーチのふちはレッド、天井はブルー、壁面はグリーンやイエローと色鮮やかなモザイクに覆われ、さらに壁面には美しいモザイク画が施されている。
◆ガッラ・プラチーディア廟の入口上の壁面には、「よき羊飼いの図」と呼ばれるモザイク画あり、内部アーチの中には「水盤から水をのむ白い鳩の図」と呼ばれるモザイク画がある。「よき羊飼いの図」は、十字架を持つキリストと羊の群れが絶妙な配置で造られている。「水盤から水をのむ白い鳩の図」は、小窓で鉢の中の水を飲む鳩とそれを囲む4人の聖人が描かれている。
◆霊廟の天井は、青い天空に無数の星が散りばめられ、その中心には黄金の十字架が輝くという構図のモザイク画で、神秘的な雰囲気を醸しだしている。
ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟
※ガッラ・プラチーディア廟の外観はシンプルなビザンチン建築
ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟
※ガッラ・プラチーディア廟の内部はアーチ状で色鮮やかなモザイクに覆われている
ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟
※ガッラ・プラチーディア廟の「水盤から水をのむ白い鳩の図」
ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟
※「よき羊飼いの図」(左) ※黄金の十字架が輝く天井(右)
ラヴェンナのガッラ・プラチーディア廟
※ガッラ・プラチーディア廟内部のモザイク

PageTopに戻る

ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会 イタリア

◆ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会(Basilica di Sant’Apollionare Nuovo)の起源は古く、6世紀の初めにゴート族の王テオドリックによって王宮教会として建てられた。コリント式の柱の上部には、規則正しい配置でモザイク装飾されている。
◆サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会の内部右側の壁面には、モザイクで造られた「貢物を手にした26人の殉教者が、テオドリック王の宮廷からキリストのもとに向かう図」がある。殉教者の中には顔を真っ白く塗り潰されている人もいた。
◆サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会の内部左側の壁面には、モザイクで造られた「東方の3賢王と22人の聖女達が聖母子に貢物を捧げる図」がある。
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会
※ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会の内部(左)と外観(右)
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会
※モザイク壁画「貢物を手にした26人の殉教者が宮廷からキリストのもとに向かう図」と壁画の拡大写真
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会
※モザイク壁画「東方の3賢王と22人の聖女達が聖母子に貢物を捧げる図」
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会
※サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ教会の内部

PageTopに戻る

ラヴェンナのサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂 イタリア

◆サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂(Basilica di Sant’Apollionare in Classe)は、町の中心地から南に5kmくらい離れた野原の中にある。駅前にあるバスターミナルからサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂近くの停留所に止まるバスが発着している。
◆サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂は、ラヴェンナのビザンチン教会の中で最も見事なものといわれている。祭壇うしろのアーチ型の壁面には、牧歌的な構図の色鮮やかなモザイク壁画がある。神聖なおもむきがあり、見ていると時の経つのを忘れてしまうくらい、引き寄せられる魅力に満ちている。
◆その壁面の上部には、青い円の中に浮かぶ巨大な黄金の十字架と両側に預言者モーゼと預言者エリヤが描かれたモザイク画。その下には多くの樹木と3匹の白い羊のモザイク画が描かれている。この3匹の羊はペテロ、ヨハネ、ヤコブを表現しているといわれている。その十字架の下には、十字架に両手を挙げる聖アポリナリスが描かれ、それを12匹の羊が囲んでいる。
◆アーチ型のモザイク壁面下の窓部分には、エクレシウス、ウルシキヌス、ウルスス、セウェルスといった歴代ラヴェンナ司教が、窓に挟まれてかたちで描かれている(これは建設直後に装飾されたモザイクのオリジナル部分)
◆主祭壇うしろの左側壁面には「司教レパラトゥスと皇帝コンスタンティノス4世の図」のモザイク画がある。右側壁面には「アベル、メルキゼデク、アブラハムが神に犠牲を捧げる図」のモザイク画がある。
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
※サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
※サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
※サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
※司教レパラトゥスと皇帝コンスタンティノス4世の図(左) ※アベル、メルキゼデク、アブラハムが神に犠牲を捧げる部(右)
ラヴェンナのサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂
※草原の緑に包まれた静穏な時の流れるサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂

PageTopに戻る

ラヴェンナのネオニアーノ洗礼堂 イタリア

◆ネオニアーノ洗礼堂(Battistero Neoniano)は、ラヴェンナの中心ポポロ広場の南西側にある5世紀頃に建設された八角形の建物。5世紀なかばに当時の司教ネオーネの命令により内部のモザイクが完成した。司祭の名前にちなんでネオニアーノ洗礼堂と呼ばれている。
◆内部の中央クーポラには、洗礼者ヨハネによりヨルダン川で洗礼を受けるキリストの洗礼の様子が、その周りを取り巻くように12使徒が描かれている。12使徒のモザイクの外側は、玉座や祭壇など象徴的なシンボルが描かれている。
◆一番下の段の壁面部分は、コリント様式とビザンチン様式の柱頭があり、その間の部分にアラビア風の葉模様と預言者達がモザイクで装飾されている。
ラヴェンナのネオニアーノ洗礼堂
※ネオニアーノ洗礼堂のキリストの洗礼の図(左) ※ネオニアーノ洗礼堂の外観(右)
ラヴェンナのネオニアーノ洗礼堂
※ネオニアーノ洗礼堂のクーポラのキリストの洗礼の図
ラヴェンナのネオニアーノ洗礼堂
※ネオニアーノ洗礼堂のクーポラ下部と内部壁面

>

ラヴェンナのネオニアーノ洗礼堂
※ネオニアーノ洗礼堂の内部壁面の一番下の装飾
ラヴェンナのネオニアーノ洗礼堂
※ネオニアーノ洗礼堂の内部

ラヴェンナの大司教博物館 イタリア

◆ラヴェンナの大司教博物館(Museo Arcivescovile)は、ネオニアーノ洗礼堂の近くにあるビザンチン工芸最盛期のラヴェンナを偲ばせる品々が多い博物館。象牙の浮き彫り椅子「マクシミアヌスの司教座」は6世紀のもので、細部にわたって丁寧な浮き彫りが施されている。
◆大司教博物館に展示されているイコンのモザイク装飾は、ゴールドを基調にし、ブルー、レッド、グリーンなどの有色ガラスの小片を寄せ合わせ、埋めこまれたもので、ビザンチン芸術の技術の高さをまじかで目にすることができる。
ラヴェンナの大司教博物館
※大司教博物館の象牙の浮き彫り椅子「マクシミアヌスの司教座」
ラヴェンナの大司教博物館
※大司教博物館に展示されているイコンのモザイク装飾

PageTopに戻る

ラヴェンナのダンテの墓 イタリア

◆ ダンテの墓(Sepolcro di Dante)は、ラヴェンナの中心地にあるサンフランチェスコ教会近くに残っている小さな霊廟。フィレンツェに生まれたダンテ・アリギエーリ(1265~1321年)は、政争に巻き込まれて1317年にフィレンツェを追放され、ラヴェンナに移り、ラヴェンナで「神曲」を完成させて、1321年9月13日にこの地で生涯を終えた。
◆ラヴェンナで書き上げた「神曲」には、この地の宝でもあるモザイクを称賛し「色彩のシンフォニー」と記述したといわれている。
◆ダンテの墓の内部は大理石としっくいで造られていて、古代ローマ時代の棺がある。その上には、ダンテが譜面台の前で考え込む姿の浮き彫りがあり、1400年に製作された当時のままの状態で残っている。足元にはブロンズで作られたリース、天井にはトスカーナから毎年運ばれるオリーブオイルの入ったランプが吊るされている。
ラヴェンナのダンテの墓
※ラヴェンナのサンフランチェスコ教会近くにある「ダンテの墓」

ラヴェンナのポポロ広場 イタリア

◆ラヴェンナの見どころは、ポポロ広場の周辺500m四方に集中しているので、徒歩でも十分に観光できる。ポポロ広場への行き方は、ラヴェンナ駅前のファリーニ広場(Piazza Farini)から、街路樹の美しい大通りViale Fariniを500mほど西に歩くとポポロ広場に到着する。
ラヴェンナのポポロ広場
※ラヴェンナのポポロ広場(左) ※ドゥーモ(右)

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »