真実の口 ☆ 映画「ローマの休日」で一躍有名になったスポット ☆ ローマ

◆真実の口は、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会(Chiesa di Santa Maria in Cosmedin)入口を入った、正面柱廊の左側奥の壁面に飾られている、海神トリトーネの顔が刻まれた彫刻。映画「ローマの休日」で知られ、常に見学者が長い行列をする有名観光スポット。

◆人気観光スポットなので、教会の前には「真実の口」を見るために常に長蛇の列。20分~30分は待つので、時間には余裕を持って行った方がよい。

◆真実の口の見どころ、アクセス方法をナビゲート。

真実の口の見どころ ☆ Bocca della Verità ☆ ローマ

真実の口・ローマ
◆真実の口は、ローマのサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の正面柱廊の左奥に飾られている。思い描いていた雰囲気とは異なり、狭い場所に飾られているのには驚かされる。
◆真実の口は海神トリトーネの顔が刻まれているが、元々は古代の井戸か大下水道(クロアーカ・マクシマ)の蓋であったのではないかといわれている。この蓋を1632年にサンタ・マリア・イン・コスメディン教会に取り付けたそうだ。
◆入場は無料だが、真実の口の柱廊にお賽銭箱のようなものがあり、見学料は寄付金を入れるようになっている。日本語で「お布施」とも書いてある。
◆現在の真実の口は補修工事がされ綺麗になっている。また、真実の口のところにはタッフがいて、順番に記念写真を撮ってくれる。
※2013年の真実の口(下左)、※2000年の真実の口(下右)
真実の口・ローマ

PageTopに戻る

映画「ローマの休日」で有名になった真実の口 ☆ ローマ

◆真実の口に手を入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされる、手を噛み切られる、或いは手が抜けなくなるという伝説があり、映画『ローマの休日』で一躍有名になった。
◆1953年のアメリカ映画『ローマの休日』では、グレゴリー・ペック扮する新聞記者のジョーが、オードリー・ヘップバーン扮するアン王女を驚かそうとして、伝説に基づき悪ふざけで「真実の口」に手を入れて、抜けないという演技をした。この時、純真な王女はそれを真に受け、恐怖のあまり叫び声を上げ、あげくに泣き出してしまった。この印象的なシーンで、小さなサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の「真実の口」が脚光を浴びることになった。
※映画「ローマの休日」より(下)
真実の口・ローマ

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会 ☆ ローマ

真実の口・ローマ
◆「真実の口」のあるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会は、真実の口広場にあり、教会の鐘楼(12世紀のロマネスク式)が目印。教会の前には「真実の口」を見るために、常に大勢の観光客が長蛇の列を作っている。
◆サンタ・マリア・イン・コスメディン教会は、6世紀頃近辺に住んでいたギリシャ人のために建てられ、その後8世紀頃にハドリアヌス1世によって拡張された。コスメディンはギリシャ語で「装飾」の意味。
※教会正面の柵から見える真実の口(下)、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の行列
真実の口・ローマ
※サンタ・マリア・イン・コスメディン教会(下左)、※真実の口の表示板(下右)
真実の口・ローマ

PageTopに戻る

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の内部 ☆ ローマ

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会・ローマ
◆サンタ・マリア・イン・コスメディン教会は、簡素な内部だが、円柱と角柱で、3廊に仕切られていて、説教壇、燭台、聖像の描かれた壁、コズマ風の装飾などは12世紀もの。
◆礼拝堂の祭壇には、15世期後半のローマ派作「聖母子像(Madonna col Bambino)」があり、聖具室(現在は売店)には、かってサン・ピエトロ大聖堂のヨハネ7世の祈祷所を飾っていた「東方三博士の礼拝(Epifania)」のモザイクの一部が置かれている。
◆「真実の口」があまりにも有名すぎて、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の内部を見学している人は殆どいないが、歴史ある教会なので、見学していくことをお薦め。
※サンタ・マリア・イン・コスメディン教会の内部(下)
サンタ・マリア・イン・コスメディン教会・ローマ

PageTopに戻る

真実の口広場 Piazza Bocca della Verità ☆ ローマ

真実の口・ローマ
◆真実の口(サンタ・マリア・イン・コスメディン教会)がある「真実の口広場」は、チルコ・マッシモとカンピドーリオの丘の中間くらいの場所に位置している。交通量が多い広場で、「路線バス」や「110 openバス」の停留所もある。
◆真実の口広場には、「ヴェスタの神殿」、「フォルトゥーナの神殿」という2つの小さな神殿があり、正面にはテヴェレ川(Fiume Tevere)が流れている。
◆円形の「ヴェスタの神殿」は、“勝利者ヘラクレスに捧げられた神殿”ということが近年の発掘で明らかになった。ローマに残る大理石の神殿としては最も古く、紀元前2世紀後半の建築物で、20本のコリント式の柱で囲まれた周柱式神殿。
◆「フォルトゥーナの神殿」は、“港の神ポルトゥヌスに捧げられた神殿”といわれ、4本の柱を備えた前室を持ち、他の3面は柱の半分を外壁が取り込んだ形のグレコ・ローマン建築の好例といわれている。
※真実の口広場(下)
真実の口広場・ローマ
※真実の口広場の正面にあるテヴェレ川(下)
真実の口広場・ローマ

PageTopに戻る

アクセス方法 ☆ 真実の口・ローマ

◆真実の口(サンタ・マリア・イン・コスメディン教会)へ行くには、地下鉄B線「チルコ・マッシモ駅(Circo Massimo)」で下車して、チルコ・マッシモ通り(Via del Circo Massimo)をまっすぐ進み7〜10分くらいで到着する。
◆真実の口(サンタ・マリア・イン・コスメディン教会)の前には、赤い2階建てバス「110 open」の停留所がある。「110 open」バスは、乗り降り自由で、48時間有効、20ユーロ。チケット売場は、テルミニ駅の五百人広場にあり、出発地点にもなっている。
◆路線バスは、
☆170番がテルミニ駅出発で「真実の口広場」で停車する
◆バスの中では乗車チケットを売っていないので、事前にATAC割引チケット(バス・地下鉄・トラムが乗り放題)を購入しておくとよい。 ●ATAC割引チケットについて »ここをクリック
◆バスは降りる場所が分からないときは、予めドライバーに目的地を告げて、目的地に着いたら声を掛けてもらうようにしておくと良い。 【注意】声をかけてもらう場合はドライバーの近くにいること!
◆バスに乗る場合は事前に乗車チケットを買っておく。車内では売っていない。またチケットを持って、バスに乗ったら、車内にある刻印機に乗車チケットを差し込み打刻し、利用開始日時を刻印する ※刻印をしなかったり、忘れたりすると罰金50ユーロなので要注意!
※地下鉄B線「チルコ・マッシモ駅」(下)
チルコ・マッシモ駅・ローマ
※テルミニ駅とバスターミナルのある五百人広場(下)
テルミニ駅と五百人広場
※バスの黄色い刻印機(下)
ローマバス刻印機

PageTopに戻る

名称真実の口  Bocca della Verità
所在地Via della Greca, 4, Roma RM, イタリア
電話+39 06 678 7759
時間9:30~17:50(夏季)、9:30~16:50(冬季)
休日無休
公式サイト
ネット予約
アクセス地下鉄B線 チルコ・マッシモ駅
備考

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »