コロッセオ ☆ ローマ ☆ 世界で最も有名な円形闘技場

◆ローマ・コロッセオ(Colosseo)の見どころ、入場方法、チケット売り場、アクセス方法など写真満載で紹介。

◆コロッセオは、ローマ帝政期の紀元前80年ヴェスパシアヌス帝の命により造られた、5万人収容、観覧席への入口は80箇所もあったという壮大な円形闘技場。猛獣と拳闘士の戦いや拳闘士同士の凄惨な戦いが見物されていた面影が今も残る、世界で最も有名な円形闘技場

コロッセオ・ローマ
※コロッセオ・ローマ

 入場・入口 ☆ チケット売場 ☆ コロッセオ ☆ ローマ

コロッセオ・ローマ
※コロッセオの入場・入口(左)、※コロッセオの入場レーンの案内看板(右)
◆2008年からコロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘は共通入場券となり、入場入口(Entrata)が厳格化された。入場入口とチケット売場は、下記の3ヶ所になった。
① コロッセオ入口 → コロッセオ入口はコロッセオ駅(地下鉄B線)の前にある ★行列あり
② フォロ・ロマーノ入口 → フォロ・ロマーノ入口はフォーリ・インペリアーリ通り(Via dei Fori Imperiali)にある ★行列なし
③ パラティーノの丘入口 → パラティーノの丘入口はサン・グレゴーリオ通り(Via di S.Gregorio)にある ★行列なし
コロッセオ・ローマ
※コロッセオのチケット売場
◆コロッセオのチケット売場は、混んでいて時間がかかるので、フォロ・ロマーノまたはパラティーノの丘で、共通入場券(2日間有効)を購入した方がよい。または「ローマ・パス」でも入場することができる。
◆入口では、チケットを持っていてもセキュリティ検査の行列には並ぶ必要あり。
◆セキュリティ検査後、前進すると案内看板があり左レーンと右レーンに分かれる。左レーンは、共通入場券またはローマ・パスを持っている人が進む方向。右レーンは、チケットを購入する人が進む方向。
【注意】レーンを間違えると行列に並ぶ事になるので注意!
◆ゲートを通り先へ進むと、右側にオーディオガイドの貸し出しカウンターがある。
※日本語の音声ガイドあり、料金5.5ユーロ。デポジットとしてパスポートを預ける必要あり。音声ガイド返却時に返してもらえる

PageTopに戻る

 コロッセオの見どころ ☆ ローマ

コロッセオ・ローマ
※コロッセオ・ローマ
◆コロッセオ(Colosseo)は、ローマ帝政期にヴァスパシアヌス帝の命により着工し、その息子ティトゥス帝が紀元前80年に完成させた円形闘技場。長径188m、短径156mの楕円形で、周囲527m、高さ57m、5万人収容という、巨大な建築物であった。
◆外壁は、下の層からドーリス式、イオニア式、コリント式を重ね、各アーチ部分には彫刻が飾られていたそうだ。
◆当時のコロッセオは大理石で飾られていたが、中世を通じて他の建築物に流用され続け、その大理石はヴァティカンのサン・ピエトロ大聖堂にも使用されている。
◆鉄骨を用いないローマン・コンクリートで造られているにも関わらず、幾多の地震の際も崩壊しなかったのは、全体が円筒形で力学的に安定していたためだといわれている。その勇姿は現在も保存状態よく、ローマの町で見ることができる。
コロッセオ・ローマ
※コロッセオ・ローマ

PageTopに戻る

 コロッセオの内部構造 ☆ ローマ

コロッセオ・ローマ
※コロッセオの内部
◆コロッセオは、ネロ帝の黄金宮殿(ドムス・アウレア)の庭園にあった人工池の跡地に建設された。建物は16階建てのビルよりも高く、観覧客用出入口は80箇所もあり、日差しから皇帝や観客を守るための天幕もあったといわれている。
コロッセオ・ローマ
※厳格な身分制度で決められていた座席☆コロッセオ内部
◆80箇所の出入口と席には番号が付けられ、チケットにより入口も決められていて、席には簡単にアクセスできたそうだ。
◆一番眺めの良いテラス席は皇帝や元老院の議員達の席、その上に貴族、またその上が兵士、そして一般市民、さらに奴隷などの立ち見席の順で座席が決めたれていた。厳格な身分制度が座席の順序にも表れていたそうだ。
コロッセオ・ローマ
※コロッセオの内部(左) ※コロッセオの回廊(右)
◆レンガでできた回廊とやや急な階段が機能的に配置されていて、コロッセオ内の移動はかなりスムーズだったといわれている。

 コロッセオの競技場構造 ☆ ローマ

コロッセオ・ローマ
※競技場の地下の構造 ☆ コロッセオ
◆コロッセオの競技場では、拳闘士同士の戦い、ゾウやライオンやワニなど猛獣と拳闘士の凄惨な戦い、また奴隷と猛獣などが見世物にされていた。
◆初期の頃は、競技場部分にローマ水道より引いた大量の水を張り、船を浮かべた模擬海戦も行われたといわれている。
コロッセオ・ローマ
※競技場の地下の構造 ☆ コロッセオ
◆コロッセオの競技場の床の部分は失われてしまったので、現在は地下の構造がよく見える。地下の通路には、無数の猛獣の檻が置かれ、檻はそのまま戦いの場まで引き上げることができる大がかりな舞台装置もあったといわれている。また器材や道具置き場もあり、装置や人が移動できるように機能的に造られていた。当時の猛獣の檻に使われていた部分や拳闘士の待機所などを今も見ることが出来きる。
コロッセオ・ローマ
※拳闘士同士の戦いの様子wikipediaより ☆ コロッセオの競技場構造

PageTopに戻る

 コロッセオのアクセス方法 ☆ ローマ

コロッセオ・ローマ
※地下鉄コロッセオ駅
◆コロッセオへ行くには、地下鉄でB線で「コロッセオ駅」で下車。徒歩2〜3分でコロッセオ入口に到着する。
テルミニ駅と五百人広場
※テルミニ駅とバスターミナルのある五百人広場
◆バスでコロッセオへ行くには、ローマ・テルミニ駅前の五百人広場にあるバスターミナルから路線バス75番に乗り、コロッセオで下車。また路線バス81番もコロッセオに止まる。
五百人広場にあるチケット売場
※五百人広場にあるチケット売場 ATAC割引チケット、110 openチケット売り場
◆バスの中では乗車チケットを売っていないので、ATAC割引チケット(バス・地下鉄・トラムが乗り放題)を事前に購入しておく方がよい。
●ATAC割引チケットについてはこちらをクリック »
◆48時間乗り降り自由の赤い2階建てバス「110 open」市内観光バスもテルミニ駅出発で、有名観光スポットを網羅しているので便利。
ローマの乗物チケット
※「BIG」チケット(左) 「110 open」チケット(右)
◆「BIG」チケットはバス、地下鉄、トラムが1日乗り放題のチケット。「110 open」チケットは、2階建て観光バスが48時間乗り放題で、乗り降りも自由。

PageTopに戻る

名称コロッセオ  Colosseo
所在地Piazza del Colosseo, 1, 00184 Roma, イタリア
電話+39 06 3996 7700(予約)
時間8:30〜日没1時間前(月〜日)
休日1/1、5/1、12/25
公式サイト
ネット予約http://www.coopculture.it/ticket_office.cfm
アクセス地下鉄B線 コロッセオ駅
備考12ユーロ(2017.08時点) ※コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘共通チケット 

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »