トレヴィの泉 ☆ ロマティックな「言い伝え」がある泉 ☆ ローマ

◆トレヴィの泉は、ローマにある最も大きなバロック時代の人工の泉(噴水)。「肩越しにコインを投げると再びローマを訪れることが出来る」というロマティックな「言い伝え」は有名で、ローマに魅せられた多くの観光客がコインを投げ入れている有名観光スポット。

◆日中はとても混雑していて泉のそばに行くのにも一苦労。静かなトレヴィの泉を楽しむなら夜中の3時~朝9時頃までがおすすめ。

◆トレヴィの泉の見どころ、アクセス方法をナビゲート。

トレヴィの泉の見どころ Fontana di Trevi ☆ ローマ

トレヴィの泉・ローマ
◆トレヴィの泉はローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉(噴水)。元々はヴィルゴ水道の終点施設として、古代ローマ時代に初代皇帝アウグストゥスが、樋(とい)から落ちる水を3つの水盤で受けるために作らせた泉だった。
◆トレヴィの泉はその後、幾多の変遷を経て、教皇クレメンス12世主催の噴水コンクールで優勝したローマの建築家ニコラ・サルヴィの設計で、1732年に改造が着工し、彼の没後の1762年に完成した。
◆トレヴィの泉はポーリ宮(Palazzo Poli)の壁と一体となったデザインで、泉の中央には、水を司るポセイドン(ネプトゥーヌス)が立ち、左に豊穣の女神デメテル(ケレース)、右に健康の女神ヒュギエイア(サルース)が配置されている。
◆トレヴィの泉の前からは、細い路地が何本も延びている。この細い路地を抜けた一角に圧倒的な存在感でこのトレヴィの泉がある。
※教皇クレメンス12世の名が刻まれたトレヴィの泉の上部(下)
トレヴィの泉・ローマ
※トレヴィの泉の彫刻、左から豊穣の女神デメテル、中央に水を司るポセイドン、右に健康の女神ヒュギエイア(下)
トレヴィの泉・ローマ
※細い路地を抜けた一角にあるトレヴィの泉(下)
トレヴィの泉・ローマ

トレヴィの泉のロマティックな「言い伝え」と「逸話」 ☆ ローマ

トレヴィの泉・ローマ
◆トレヴィの泉の『言い伝え』は、「肩越しにコインを泉へ投げ入れると願いが叶う」とされ、投げるコインの枚数によって願いが異なるとされている。
★コイン1枚は「再びローマに来ることができる」
★コイン2枚は「大切な人と永遠に一緒にいることができる」
★コイン3枚になると「恋人や夫・妻と別れることができる」といわれている。3枚の願いはキリスト教が、離婚を禁止していたという歴史の名残りである。
※ローマ自治体によると投げ入れられたコインはすべて回収されチャリティーに寄付されているそうだ。
◆【泉にまつわる逸話】 愛の水(L’acqua dell’amore)
昔、トレヴィの泉の水は石灰を含まずローマで一番おいしい水といわれ、汲みだして飲み水にされていた。女性達は戦に出かける恋人や夫に、離れている間の誠実さの証として、この水をコップに汲んで飲ませ、そのコップを割って未来の幸せへの願掛けをしていたそうだ。この逸話が元で、今でもトレヴィの泉の右側にある小さな水飲み場で、恋人や夫婦が、水を飲むと永遠に別れない『愛の水(L’acqua dell’amore)』といわれている。
◆【コイン投げの由来】ローマには昔からたくさんの噴水があった。その噴水に向かってコインを投げることが神聖なる行為で「そこに祭られた神の気を鎮める」とされていた風習に由来するといわれている。
※トレヴィの泉(下)
トレヴィの泉・ローマ

PageTopに戻る

アクセス方法 ☆ トレヴィの泉・ローマ

◆トレヴィの泉へ行くには、地下鉄A線「バルベリーニ駅(Barberini)」で下車して、徒歩10~15分のところに位置している。バルベリーニ駅からトリトーネ通り(Via del Tritone)に出て、キージ宮方向へ進み、細い路地のスタンペリア通り(Via Stamperia)またはポーリ通り(Via Poli)を左に入ると急に視界が開け、トレヴィの泉が現れる。 ※トリトーネ通り周辺には、「トレヴィの泉(Fontana di Trevi)」の表示が所々にあるので、迷う心配はない。
◆「テルミニ駅」の横にある五百人広場からは、バス175番で、バルベリーニ広場を過ぎたトリトーネ通りで下車する。その後は上記と同じように歩く。
※バスは降りる場所が分からないときは、予めドライバーに目的地を告げて、目的地に着いたら声を掛けてもらうようにしておくと良い。 【注意】声をかけてもらう場合はドライバーの近くにいること!
◆バスの中では乗車チケットを売っていないので、事前にATAC割引チケット(バス・地下鉄・トラムが乗り放題)を購入しておくとよい。 ●ATAC割引チケットについて »ここをクリック
◆バスに乗ったら、車内にある刻印機に乗車チケットを差し込み打刻し、利用開始日時を刻印する ※刻印をしなかったり、忘れたりすると罰金50ユーロなので要注意!
※バスの黄色い刻印機(下)
ローマバス刻印機

PageTopに戻る

名称トレヴィの泉  Fontana di Trevi
所在地Piazza di Trevi, 00187 Roma, イタリア
電話
時間24時間見学可能
休日無休
公式サイト
ネット予約
アクセス
備考夜はライティングされている

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »