ヴェローナ

ヴェローナの見どころ・アクセス Verona イタリア

◆ヴェローナはイタリアのヴェネト州西部にある都市で、ミラノとヴェネツィアのほぼ中間に位置している。町の中心には、町の象徴である古代ローマ時代の円形競技場があり、アディジェ川沿いには中世の旧市街がある、見どころが多い町。2000年には「ヴェローナ市街」としてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。

◆ヴェローナは、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台としても有名な町で、「ジュリエッタの家」や「ロミオの家」を見ることができる。

  • ヴェローナへのアクセス

    列車:ミラノ→ヴェローナ 1時間50分

    列車:ヴェネツィア→ヴェローナ 1時間30分

    ※ヴェローナの中央駅は、ポルタ・ヌォーヴァ駅(StazionePortaNuova)で、街の南側に位置している。駅から町の中心ブラ広場(PiazzaBra)までは1.5kmくらいの距離なので、徒歩ても20分ほどで行くことができる。バスで行く場合は11〜13番のバスに乗るとよい。

  • ヴェローナの歩き方

    最大の見所は、ブラ広場の前にそびえるローマ時代の円形闘技場「アレーナ」とカッペッロ通り左側にある「ジュリエッタの家」だが、その他にも見どころの多い町。

ヴェローナの円形闘技場(アレーナ) 見どころ

◆ヴェローナの円形闘技場(Anfiteatro Arena)は、紀元前1世紀初めに建築されたといわれている。ローマのコロッセオ、ナポリの円形劇場に次ぎ、イタリア国内3番目の大きさ(長さ152m、幅128m、高さ30m)を誇り、収容人員2万人以上の座席が残っている。イタリア国内で最も保存状態が良い円形闘技場。
ヴェローナの見どころ
※保存状態が良いヴェローナの円形闘技場
ヴェローナの見どころ
◆ヴェローナの円形闘技場(アレーナ)は、夏季には野外オペラ祭(アレーナ・ディ・ヴェローナ)が開催されていることでも有名で、世界最大規模の屋外オペラ会場として利用されている。アレーナは音響的にも優れていて、巨大な舞台と古代ローマ時代の遺構が醸し出す独特の雰囲気は、通常のオペラ会場とは違った魅力がある。
ヴェローナの見どころ
※ヴェローナの円形闘技場で開催される野外オペラ祭

PageTopに戻る

ヴェローナのシニョーリ広場 見どころ

◆ヴェローナのシニョーリ広場(Piazza dei Signori)には、初期のルネッサンス様式の美しい壁画が残る回廊、ヴェローナの名門スカラ家の館、ラジョーネ宮殿、広場の中央にはダンテの像があり、とても美しい広場。
◆シニョーリ広場にある市庁舎付属のランベルティの塔には登ることができ、展望台から見るシニョーリ広場、ヴェローナ市街のパノラマは素晴らしく必見。
ヴェローナの見どころ
※ヴェローナのランベルティの塔(左)
ヴェローナの見どころ
※ヴェローナのシニョーリ広場の回廊(左)、※ダンテの像(右)

PageTopに戻る

ヴェローナのスカラ家の墓廟 見どころ

◆スカラ家の墓廟(Arche scaligere)は、スカラ家の教会であるサンタマリア・アンティカ教会のそばにあり、華やかに飾られたゴシック様式の構造で、4角錐の屋根の上には騎馬像がそびえ立っている。
ヴェローナの見どころ
※ヴェローナの家の墓廟の「4角錐の屋根」と「騎士の像」
◆スカラ家の墓廟を囲んでいる鉄格子の模様は、スカラ家の家紋であるスカリジェレ=スカラ(階段の意味)の名のとおり、四弁の花の中央に階段が配されている。
ヴェローナの見どころ
※ヴェローナのスカラ家の墓廟(左)、家紋(中央)、墓廟(右)
◆かつてのヴェローナの支配者は、スカリジェリ家(スカラ家)、ヴィスコンティ家、パドヴァのカッラーラ家と変遷したため、ヴェローナの支配層の間には、憎しみを帯びた熾烈な闘争があった。その様子をシェイクスピアは戯曲「ロミオとジュリエット」に描いたといわれている。

PageTopに戻る

ヴェローナのジュリエッタの家 見どころ

◆ヴェローナのジュリエッタの家(Casa di Giulietta)は、シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の舞台となった、キャピュレット家の娘が住んでいた家。映画や舞台で有名なあのバルコニーに立つこともできる。中庭にはジュリエットの像があり、像の右の胸に触ると「恋愛が成就し結婚できる」という伝説があるため、観光客は必ず胸に触ってから帰る。
◆シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」は、皇帝派のカプレーティ家(キャピュレット家)に生まれた娘ジュリエッタと、教皇派のモンテッキ家(モンターギュ家)に生まれた息子ロミオの困難に満ちた恋を描いた悲劇。イタリア半島を二分して対立していた皇帝派と教皇派の政治の渦の中で、二人の恋は最後は「死」という悲しい結末をむかえてしまう物語。
ヴェローナの見どころ
※ヴェローナのジュリエッタの家(左) ※ジュリエッタの像(右)
◆ロミオの家(Casa di Romeo)も現存しているが、個人所有の家のため非公開で見ることはできない。ジュリエッタの家もロミオの家も本物とはいえないが、物語の主人公になったような気分になれるロマンチックな館である。
ヴェローナの見どころ
※ジュリエッタの家のバルコニー(左) ※ロミオの家(右)

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »