ヴィエトリ・スル・マーレ街歩き ☆ マヨルカ焼き陶器の可愛い街

◆ヴィエトリ・スル・マーレ(イタリア)は、メインストリートをはじめ、街全体が地元生産のマヨルカ焼き陶器で彩られた可愛い街。ヴィエトリ・スル・マーレの陶器は、15世紀から盛んに生産され、シチリアやカラブリアに輸出されていた。現在も伝統に基づいたマヨルカ焼き陶器の傑作を生産し、世界でも高く評価されている。

◆ヴィエトリ・スル・マーレの街を写真満載、MAP付きでナビゲート。

 ヴィエトリ・スル・マーレのマヨルカ焼き陶器ショップ

ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆「海の上のガラス」の意味するヴィエトリ・スル・マーレは、マヨルカ焼きの陶器工芸が世界的に有名な陶器の町。小さな陶器工房がたくさんあり、アマルフィ海岸(Costiera Amarfitana)一帯の教会や建造物、ホテル、レストランで使われている色鮮やかなマヨルカ焼き陶器やタイルは、この街で制作されている。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆陶器ショップのエントランスは、どの店も地元のマヨルカ焼きタイルで作られた大きな壁画で彩られている。街の歴史を描いた壁画や農業の風景を描いた壁画など、どれも色鮮やかで美しい。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆マヨルカ焼きタイルで作られた大きな壁画を見ていると、その時代の生活習慣や作業方法を見ることが出来て興味深い。それぞれの陶器ショップによって、手書きの絵柄は異なり、個性的な絵柄の壺や皿、鉢、小物などが販売されている。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆大きな駐車場があるマッテオッティ広場(Piazza G.Matteotti)からウンベルト1世通りには、陶器ショップが軒を連ねている。ウンベルト1世通りの住所は、Parco Regionale dei Monti Lattari, Corso Umberto Iᵒ, 140, 84019 Vietri Sul Mare SA, イタリア。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※ウンベルト1世通り(Corso Umberto I) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆ヴィエトリ・スル・マーレは人口約8000人の小さな街。サレルノからバスまたは車で10分~15分で行けるので、ヴィエトリ・スル・マーレに宿泊しなくても、街の散策は3時間~4時間あれば十分に楽しめる。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※ヴィエトリ・スル・マーレのストリート
◆街のあちらこちらに手書きのマヨルカ焼き陶器で作られた壁画や看板、標識などがあり、明るく楽しい雰囲気を醸し出している。十字架の壁画の右側には「Duomo」と書かれた標識。この標識をたどればサンジョヴァンニ・バッティスタ教会に行くことが出来る。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※ヴィエトリ・スル・マーレのストリート
◆ヴィエトリ・スル・マーレには、陶器ショップだけではなく、マヨルカ焼き陶器を制作している小さな工房がたくさんある。タイミングがよければ、絵づけをしている光景を見ることもできるので、ショップの中を覗いてみるのもいい。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※マヨルカ焼きタイルの看板 ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆淡い色合いで描かれている「Anna Rita Cassetta」のショップ看板。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※ヴィエトリ・スル・マーレのストリート
◆メイン・ストリートのウンベルト1世通りから分岐するストリートにも陶器ショップがある。細いストリートは静かで、少し寂しい感じはするが、危険な雰囲気は全くない。また日本やアジアの観光客を見かけることはなかった。ヴィエトリ・スル・マーレが、観光ルートに入っていない事やあまり知られていない事を思えば当たり前なのだが。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆印象派の絵画のような「CERAMICA Vietri」のマヨルカ焼きタイル壁画。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆「CERAMICA Raffaele Pinto」の入口は、段差の側面にも可愛い絵柄のマヨルカ焼きタイルが張られている。ヴィエトリ・スル・マーレの街の中にある普通の階段でも、同じ技法で側面にマヨルカ焼きタイルが張られている階段が数ヶ所あった。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆陶器ショップのタイル壁画は華やかで可愛いものが多いが、この「CERAMICA GIOVANNI」のタイル壁画はドラマチック。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆ところ狭しとショップの入口にマヨルカ焼きで作った壺、皿、表札、ランプ、鉢、タイル絵画が飾ってある「CERAMICA IOVINE」。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※陶器ショップ(Ceramica) ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆ヴィエトリ・スル・マーレの陶器ショップは、それぞれ絵付けのテイストが違うので比較しながら散策すると楽しい。

PageTopに戻る

 陶器ショップ以外のショップ ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ

ヴィエトリ・スル・マーレ
※鶏肉ショップ ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆「Polleria」は鶏肉ショップの意味。ショップの壁画タイルもマヨルカ焼きの絵づけで、鶏を捕まえようとする人、捕らえた鶏を運ぶ人、鶏をさばいている人、炉で焼かれている鶏肉、とユニークな構図になっていて面白い。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※野菜&果物ショップ ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆「Negozio di verdura」または「Erbivendolo」は、日本でいうところの八百屋さん(野菜&果物ショップ)。こんな所にもマヨルカ焼きタイルで作られた壁画がある。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※魚貝ショップ ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆「Pescheria」は魚屋さん(魚貝ショップ)。古びた建物の壁面も、美しい色合いのマヨルカ焼きタイルの看板が明るさを醸し出す。

PageTopに戻る

 レストラン ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ

ヴィエトリ・スル・マーレ
※トラットリア・ピッツェリア ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆ヴィエトリ・スル・マーレの海側に降りた細いストリートにあった「Trattoria・Pizzeria(ピッツァと飲食の店)」の壁に施されたマヨルカ焼きタイル装飾。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※トラットリア・ピッツェリア ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆建物を囲む壁全面にピンク、ブルー、イエロー、グリーン、レッドなど、色とりどりのマヨルカ焼きタイルが施されていて美しい。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※レストラン ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ
◆「Ristorante(レストラン)」と「Arte(芸術)」をかけ合わせたのでしょうか?と思いたくなる「RistoArte」の看板。店の中も壁一面にヴィエトリの海を描いたマヨルカ焼きタイルが張られている。
ヴィエトリ・スル・マーレ
※壁の美しいタイル装飾 ☆ ヴィエトリ・スル・マーレ

PageTopに戻る

 ヴィエトリ・スル・マーレ MAP

PageTopに戻る

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »