イタリア情報サイト


レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院~世界遺産

◆ミラノの「最後の晩餐があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院」は、1980年に世界遺産に登録されたゴシック様式とルネッサンス様式の複合建築の教会。ルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが、1495年から1498年に描いた壁画「最後の晩餐」は、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接するドメニコ会修道院の食堂の壁に描かれている。「最後の晩餐」は激しい浸食と損傷を受けた歴史をもつ奇跡の絵画ともいわれている。見学は完全予約制。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会・ミラノ

※サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会・ミラノ

◆サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie)は、ミラノ大公フランチェスコ・スフォルツァの命により、建築家グィニフォルテ・ソラーリによって1469年に完成されたゴシック様式の教会。のちにスフォルツァ家の霊廟として改築するため、教会のアプスは1492年以降ドナト・ブラマンテにより改築され、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、ゴシック様式にルネッサンス的空間も加えられた見事な複合建築となった。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会・ミラノ

※サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のアプス

PageTopに戻る

ドメニコ会修道院の食堂の絵画レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」

ドメニコ会修道院食堂のレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」・ミラノ

※ドメニコ会修道院の食堂に描かれているレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「最後の晩餐」

◆サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接するドメニコ会修道院の食堂の壁には、ルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1495年描き始め、1498年に完成させた、幅910cm x 高さ420cm の巨大な絵画「最後の晩餐」がある。

◆レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、教義的主題を心理劇に変えるという画期的な写実性で、芸術史に新しい時代を開いたといわれている重要な作品で、イエス・キリストが処刑される前夜、十二使徒(12人の弟子)と共に摂った夕食(晩餐)、その晩餐の席で起こったことを題材として描かれた壁画。
レオナルド・ダ・ヴィンチはこの壁画に、「この中に私を裏切る者がいる」というイエス・キリストの言葉に驚く弟子たちの動揺する瞬間とその場が騒めいている動作をリアルにとらえて描いている。弟子たちの様々な手の表現もこの絵画の大きな特徴の一つ。

◆また、技法も画期的で一点透視の遠近法で描かれている。その遠近法の消失点である天と地が交わる位置に、キリストの頭を描くことで、キリストが世界の中心にいることを示しているといわれている。

PageTopに戻る

激しい浸食と損傷を受けた歴史をもつ奇跡の絵画「最後の晩餐」

ドメニコ会修道院食堂のレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」・ミラノ

※ドメニコ会修道院に展示されていた写真より「最後の晩餐」の惨状

◆レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた「最後の晩餐」は、永続的に保存されるフレスコ技法ではなく、完全に乾いた漆喰にテンペラ技法で描かれたことや、所在する環境などで、最も損傷が激しい絵画としても知られている。
・フレスコ技法 → フレスコ技法で描いた絵画の“メリット”は、壁や天井と一体化し、ほぼ永続的に保存される。しかし“デメリット”は、漆喰を塗ってから乾ききるまでの8時間ほどで絵を仕上げる必要があり、使用できる色彩にも限りがあり重ね塗りや描き直しは、基本的にできない。
・テンペラ技法 → テンペラ技法で描いた絵画の“メリット”は、完全に乾ききった漆喰でも描け、時間的制約は無く、重ね塗り、描きなおしができる。しかし“デメリット”は、温度や湿度の変化に弱いため劣化しやすく、壁画には向いていない。保存期間が短い。

◆レオナルド・ダ・ヴィンチは作業時間の制約を嫌い、写実的な絵画とするために重ね塗りは必要不可欠であったことから、完全に乾いた漆喰の壁の上にテンペラ技法で「最後の晩餐」を描いた。テンペラ技法は温度や湿度の変化に弱いため、食堂の食べ物の湿気や湯気などが、この絵を浸食する原因となり、壁画完成からわずか20年後の1500年頃には、顔料の剥離が進んで、激しい浸食と損傷を受ける結果となった。
その後、大規模な修復が行われたが、修復者のレベルにバラつきがあり、あまり良い結果を生んでいなかった。

ドメニコ会修道院食堂のレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」・ミラノ

※ドメニコ会修道院に展示されていた写真より「最後の晩餐」の惨状

◆17世紀には食堂と台所の間を出入りするための扉がもうけられため、絵の下部の中央部分は完全に失われてしまった。
17世紀末のナポレオンの時代には、食堂ではなく馬小屋として使用されていた。そのため動物の呼気、排泄物によるガスなどで浸食が進んだ。さらにこの間、ミラノは2度の大洪水があったため、絵画全体が水浸しとなり、激しい浸食と損傷を受けた。

◆1943年8月には、ファシスト政権ムッソリーニに対抗したアメリカ軍がミラノを空爆し、ミラノ全体の約43%の建造物(スカラ座を含む)が全壊した。そのときにドメニコ会修道院の食堂の屋根も半壊するなど破壊されたが、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「最後の晩餐」のある壁は、爆撃を案じた修道士たちの要請で土嚢と組まれた足場で保護されていた。これにより「最後の晩餐」は奇跡的に残り、その後、建物も復元された。

◆1977年から1999年5月28日にかけてミラノ芸術財、歴史財保存監督局による大規模な修復作業が行われた。修復作業は修復家のピニン・ブランビッラ (Pinin Brambilla Barcilon) が1人で、20年以上の歳月をかけて行なった。この修復は洗浄作業のみで、表面に付着した汚れなどの除去と、レオナルドが手がけた完成作品以降に行なわれた修復による顔料の除去が行なわれた。その結果、後世の修復家の加筆は取り除かれ、レオナルド・ダ・ヴィンチのオリジナルの線と色彩が、ほんの一部(イエスの右側にいる大ヤコブの体部)を除き、よみがえった。

◆ 以上のような激しい浸食と損傷を受けた経緯から、現在ではレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は、存在自体が奇跡といわれている。

世界遺産登録年:1980年
所在地:Piazza di Santa Maria delle Grazie, 20123 Milano MI, イタリア
最寄り駅:地下鉄1号線「コンチリアツィオーネ駅 (Conciliazione) 」徒歩5分、またはトラム16番が教会前を通る

PageTopに戻る



PageTopに戻る


Translate »