アグリジェント州立考古学博物館の見どころとアクセス シチリア

  • アグリジェント州立考古学博物館
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館は、シチリア第2の規模の博物館で、アグリジェント神殿の谷をはじめ、近郊で発掘された陶器や考古学品が約20の部屋に展示されている。最大の展示品は、中央展示室に置かれているアグリジェント神殿の谷の中にあるジョーヴェ・オリンピコ神殿を飾っていた高さ7.75mの人像柱テラモーネ(オリジナル)で、圧倒的な迫力で展示されている。
  • ◆州立考古学博物館の前には、紀元前1〜3世紀頃造られた古代の集会所跡とフェラリーデの礼拝堂という小神殿も残っている。ここからは反対側にある「アグリジェント神殿の谷」の眺めも素晴らしい。

PageTopに戻る




PageTopに戻る

アグリジェントの州立考古学博物館へのアクセスとバス停留所

  • ◆アグリジェント州立考古学博物館(Museo Archeologico Regionale)は、町のバスターミナルと「アグリジェント神殿の谷」のバス停留所との間くらいに位置し、隣には目印になるサン・ニコラ教会の建物がある。
  • ◆アグリジェント神殿の谷を見学してから州立考古学博物館に行くときは、町の方向に向かって急な坂を900mくらい上がらなければならないので、先にアグリジェント州立考古学博物館を見学してから、下り坂を神殿の谷の方向に歩いた方が楽だといえる。 ※路線バスのドライバーに「州立考古学博物館で降りる」ことを伝えれば、博物館(=サン・ニコラ教会)の前で停車してくれる。
  • アグリジェントの博物館アクセス
    州立考古学博物館前の案内標識(左)、サン・ニコラ教会の外観(右)
  • ◆州立考古学博物館からアグリジェントのバスターミナルへ行くときのバス停留所は、サン・ニコラ教会前の道路を反対側へ渡り、町の方向へ歩道を少し歩くと、停留所の看板(Fermata)が見えるので、ここでバスターミナル行きのバスに乗車する。 ※アグリジェント神殿の谷行きのバス停留所は、サン・ニコラ教会前にある。●詳細は「バスでアグリジェント神殿の谷と州立考古学博物館へアクセス」をClick >
  • アグリジェントの博物館アクセス
    サン・ニコラ教会前の道路(左)、アグリジェントのバスターミナル行きのバス停留所(右)

PageTopに戻る

アグリジェント州立考古学博物館の入口

  • ◆アグリジェント州立考古学博物館はサン・ニコラ教会と同じ、広い敷地にある。
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館の入口(Entrata-Ingresso)は、広い敷地の奥の方にあるので、ちょっと分かりにくい。サン・ニコラ教会側から入ると、州立考古学博物館の入口へと導いてくれる「Museo」の標識に従って、敷地の奥の方まで歩いて行くと博物館の建物が見えてくる。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    州立考古学博物館とサン・ニコラ教会の敷地へ入る入口付近(左右)
  • アグリジェントの州立考古学博物館
    広大な敷地内を博物館の入口へと導いてくれる「Museo」の標識と博物館の入口
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館と神殿の谷の共通チケットは13.5ユーロ
    ◆アグリジェント州立考古学博物館のみのチケットは8ユーロ(2018.1月時点)
  • アグリジェントの州立考古学博物館
    州立考古学博物館の建物(左)、博物館内の入口ホール(右)

PageTopに戻る

アグリジェント州立考古学博物館の内部

  • ◆アグリジェント州立考古学博物館(Museo Archeologico Regionale)の最大の見どころは、中央展示室にあるアグリジェント神殿の谷にあるジョーヴェ・オリンピコ神殿(ジュピター神殿=ゼウス神殿)を飾っていた、高さ7.75mの人像柱テラモーネ(Telamone)である。テラモーネは、神殿の基階から列柱の半ばまで石積みされた上に柱として組み込まれ、アーキトレーブ(梁)を支えていた男性の形をした人像柱で、この一体だけが完全な形で残っていた。
  • ◆州立考古学博物館には、神殿を飾っていた装飾品や壁画、日常使用されていた貴金属や装飾品、器など沢山の展示品がある。見学には1時間〜2時間はかかる。

人像柱テラモーネ アグリジェント州立考古学博物館

  • ◆人像柱テラモーネ(Telamone)は、7.75mの巨大な高さで、アグリジェント州立考古学博物館の中央展示室に存在感を与えている。博物館に展示されているこのテラモーネは実物で、保存状態も良く、圧巻といえる。ちなみに現在、「アグリジェント神殿の谷」のジョーヴェ・オリンピコ神殿跡に横たわっているテラモーネは複製品である。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    アグリジェント州立考古学博物館の中央展示室の人像柱テラモーネ(オリジナル)
  • ◆人像柱テラモーネの横には、他のテラモーネの頭部がいくつか展示されている。頭部は、アジア、ヨーロッパ、アフリカを表しているそうだ
  • アグリジェント州立考古学博物館
    アジア、ヨーロッパ、アフリカを表したテラモーネの頭部(左)
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館の中央展示室のテラモーネの横には、ジョーヴェ・オリンピコ神殿の規模を察することができる再現模型がある
  • アグリジェント州立考古学博物館
    ジョーヴェ・オリンピコ神殿の再現模型(右)
  • ◆再現模型を見ると神殿の壮大さを感じる事が出来る。巨大なテラモーネが神殿の中では小さく見える。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    発見当時のイラスト画(左)、再現模型の拡大写真(右)
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館の中央展示室には、ジョーヴェ・オリンピコ神殿の再現イラスト画や当時のテラモーネを想わせるイラスト画が多く展示されている。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    当時のテラモーネのイメージ・イラスト(左)、神殿のイメージ・イラスト(右)

PageTopに戻る


 

その他の展示品 アグリジェント州立考古学博物館

  • ◆アグリジェント州立考古学博物館には、アクラガス時代やそれ以前の黎明期からの出土品も数多く展示されていて、所蔵品の規模はシチリア有数。
  • ◆アグリジェントの神殿を飾っていたライオンの頭の形の雨樋もいろいろなタイプの物が展示されている。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    神殿を飾っていたライオンの頭の形をした雨樋
  • ◆精緻な浮彫りが施された浴槽(または石棺)や、いまにも動き出しそうなリアルな姿をした「水浴するヴィーナス Afrodite al bagno」。
  • ◆アフロディーテ(Afrodite)とは、ギリシャ神話名でヴィーナスのこと。バーニョ(bagno)はイタリア語で水浴、入浴、温浴のことを意味している。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    浴槽または石棺(上左)、水浴するヴィーナス(上右)
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館には、ギリシャ時代の展示品もたくさんある。その中でも陶器の「ペルセウスとアンドロメダ」が描かれたクラテル(混酒器)、「アキレウスとアマゾネスの戦い」や「ヘラクレスとケンタウロスの戦い」の様子が描かれたクラテルは有名な展示品。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    陶器などが飾られている展示ショーケース
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館の約20の展示室には、アグリジェント神殿群を飾った精密な細工が施された壁画等のレリーフの断片も数多く展示されている。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    神殿を飾った壁画のレリーフ断片
  • ◆その他には、サンタンジェロ・ムクサロで見つかった金の杯と指輪や第19室に展示されている大理石の「アグリジェントの青年の像」や大理石のギリシャ戦士の胴体像も美しい。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    発掘されたタペストリーの展示室(左)、貴金属や装飾品などの展示室(右)

PageTopに戻る

アグリジェント州立考古学博物館の敷地内からのパノラマ

  • ◆アグリジェント州立考古学博物館の敷地では、紀元前1世紀のファラリーデの祈祷堂(Oratorio di Falaride)と呼ばれる小神殿や、小円形劇場(Comitium)と呼ばれる紀元前3世紀の半円形の集会所の遺構を見ることができる。ここは古代の公共施設だったと推測されている。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    ファラリーデの祈祷堂、小円形劇場の遺構
  • ◆アグリジェント州立考古学博物館の敷地からは「アグリジェント神殿の谷」の景観が見渡せ、素晴らしいパノラマの中にエルコレ神殿やコンコルディア神殿の姿を見ることができる。
  • アグリジェント州立考古学博物館
    アグリジェント州立考古学博物館の敷地から見た「神殿の谷」のパノラマ

PageTopに戻る

スポンサーリンク




名称アグリジェント州立考古学博物館 Museo Archeologico Regionale Agrigento
所在地Contrada San Nicola 12 Agrigento, Sicilia, イタリア
電話+39 0922 20524
時間9:00〜19:30(火〜土)、9:00〜13:30(月・日・祝)
休日無休
公式サイトhttp://www.lavalledeitempli.it/Museo_archeologico_Agrigento
ネット予約
アクセスアグリジェントの町のバスターミナルから「神殿の谷」行きの路線バス1番、2番、3番(どれでも可能)に乗り、州立考古学博物館(サン・ニコラ教会)前で降りる。
備考州立考古学博物館のみのチケットは8ユーロ、共通チケットは13.5ユーロ (2018.1月時点)
※チケット売り場は閉館30分前まで ※チケットは当日購入できる

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »