ヴァティカン美術館☆博物館 Museo Vaticani ローマ

  • MuseoVaticani
  • ◆ヴァティカン美術館(博物館)は、カトリックの総本山サン・ピエトロ大聖堂の北側に隣接する、ヴァティカン宮殿の大部分を占める巨大な美術館(博物館)。500年以上の歴史をもつ、ヴァティカン美術館は新旧さまざまな美術館や博物館が入っている複合体美術館といえる。
  • ◆ヴァティカン美術館の最大の見どころは、ミケランジェロが描いた有名な壁画「最後の審判」と「天井画」のある『システィーナ礼拝堂』、そしてラファエロの描いた壁画がある4つの部屋、通称『ラファエロの間』である。その他にも見どころは、1階と2階に多くあり、1階には『絵画館』、『ピオ・クレメンティーノ美術館』、『エジプト博物館』、『図書館』、『キアラモンティ美術館』。2階には『エトリルア美術館』、『地図のギャラリー』などがある。
  • ◆『システィーナ礼拝堂』は美術館の一番奥にあり、辿り着くにはかなり時間がかかる。時間に余裕を持って行くことがお薦め。
  • ◆限られた時間で見学するには、美術館入口にある色分けされた所要時間別モデルコースに従って、回るのが効率的。また、日本語のオーディオ・ガイドも貸出をしているので、借りて作品を見るとより理解できる

PageTopに戻る

 入口と入館方法 ☆ ヴァティカン美術館

  • 入館待ちの行列回避方法  ネット予約方法  入館方法
  • ◆城壁に沿って長く、入館待ちの行列が続くヴァティカン美術館。限られた時間を有効に使うなら、オンライン・チケットでネット予約がベスト。 ※ネット予約はページ一番下に表記
  • ◆ネット予約サイト → 予約申込(カード決済) → メールで『予約番号付きの確認書(バウチャー)』が送られてくる → 見学当日は『予約番号付きの確認書』を持参 → 予約者専用入口から館内に入る → 『予約番号付きの確認書』をチケット売場の窓口に呈示 → 入館チケットと交換 → 入館
  • ◆入口は下の画像①、ここに向かって右が予約者入口。係員に『予約番号付きの確認書』に呈示すれば、すぐ入れてくれるので、長蛇の行列は無視して係員のところまで直進しよう。入口を入ったら階段を上がった左手に、チケット売場があるので、『確認書』をチケットに交換。
  • ◆交換したチケットを持って、②の階段を上がる。このスペースに音声ガイド貸出所もある。
入口 Entrata(Ingresso)  出口 Uscita
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ① 入口 Entrata
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ④ 出口 Uscita
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ② 入館後の階段(音声ガイド貸出所有り)
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ③ 最初の案内板

PageTopに戻る

 キアラモンティ美術館 ☆ ヴァティカン美術館

  • ◆キアラモンティ美術館(Museo chiaramonti)は、19世紀初めにピウス7世が収集した古代彫刻のオリジナルと模刻が、アントニオ・カノーヴァ(イタリアの彫刻家)の陳列により1,000点あまりが展示されている。
キアラモンティ美術館の展示室と展示品
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    キアラモンティ美術館の展示室
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    キアラモンティ美術館の展示室
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    キアラモンティ美術館の展示品
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    キアラモンティ美術館の展示品

PageTopに戻る

 ピーニャの中庭 ☆ ヴァティカン美術館

  • ◆ピーニャの中庭(Cortile di Pigna)は、見学で歩き疲れたときの癒しの場。ピーニャ(松かさ)のオブジェのそばにはカフェがある。ヴァティカン美術館の中には、このカフェの他にセルフ・サービス式の大きなレストランもあるので、お腹がすいた場合はレストランを選んだほうが良い。
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ピーニャの中庭 ピーニャ(松)のオブジェ
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ピーニャの中庭
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ピーニャの中庭
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    ピーニャの中庭

PageTopに戻る

 ピオ・クレメンティーノ ☆ ヴァティカン美術館

  • ◆ピオ・クレメンティーノ美術館(Pio Clementino)は、ヴァティカン美術館の1階にある。クレメンス14世とピウス6世のコレクションによる古代彫刻の傑作が並ぶ美術館で、「八角形の中庭」、「動物の間」、「ミューズの間」、「円形の間」、「ギリシャ十字の間」などがある。
八角形の中庭(別名:ベルヴェデーレの中庭)
  • ヴァティカン美術館
  • ◆この八角形の中庭(Cortile Ottadono)は、かってユリウス2世が所有していた彫刻を運び込んだのが始まりで、その後クレメンス14世がミケランジェッロ・シモネッティに設計を依頼し、現在の八角形の形になった。
  • ◆入ってすぐ左側には、帝政ローマ時代の作品でアテネ・アゴラにあった、有名な「ベルヴェデーレのアポロ Apollo del Belvedere」が均整のとれた姿で美しく気品をたたえている。
  • ◆中庭を時計回りに行くと「ラオコーン」がある。「ラオコーン Laocoonte」は、1506年にコロッセオ近くのエスクィリーノの丘から発見された。その素晴らしさからユリウス2世が買い上げコレクションに加えた。
  • ◆「ラオコーン」は、トロイアの戦いを書いたホメロスの書「イリアス」のエピソードに基づいている。ギリシャ人が差し出した“女神アテナへの供え物”の木馬に、トロイアの司祭であったラオコーンが槍で一撃したため、怒ったアテナが蛇を送ってラオコーンと二人の息子を殺したというエピソード。苦悩と絶望と最後の必死の抵抗が、そのまま凍りついたようなポーズが印象的。
八角形の中庭☆帝政ローマ時代作『ベルヴェデーレのアポロ 』『ラオコーン』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『ベルヴェデーレのアポロ』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『ラオコーン』
動物の間☆ミューズの間『ベルヴェデーレのトルソ』前1世紀
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    動物の間
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    「ベルヴェデーレのトルソ」アポロニウス
円形の間「オトリーコのジュピター」ギリシア十字の間「コンスタンティアの石棺」
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『オトリーコのジュピター』他
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『コンスタンティアの石棺』

PageTopに戻る

 ラファエッロの部屋 ☆ ヴァティカン美術館

署名の間☆第3室 ラファエッロ作
  • ラファエッロの部屋
  • ◆このラファエッロの部屋(Stanza di Segnatura)の第3室『署名の間』と第2室『ヘリオドロスの間』は、ラファエッロがすべて自筆で完成させたルネッサンス芸術の主要作品。また第1室『コンスタンティヌスの間』と第4室の『火災の間』は、ラファエッロの死後、ジュリオ・ロマーノら弟子たち工房によって完成された。
  • ◆署名の間は、ラファエッロが二十代半ばという若さで、ヴァティカン宮殿の装飾という国家的事業を任され、最初に着手した部屋で、彼の天賦の才能と教養が発揮されている。
  • ◆「署名の間」には、理性の真理を表した『アテネの学堂』、神の真理を表した『聖体の論議』、善を表した『枢要徳』、美を表した『パルナッソス』の4作品がある。
署名の間☆第3室 ラファエッロ作『アテネの学堂』『聖体の論議』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『聖体の論議』 1508~09年
署名の間☆第3室 ラファエッロ作『パルナッソス』『枢要徳と対神特』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『パルナッソス』 1509~10年
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『枢要徳と対神特』 1511年
ヘリオドロスの間☆第2室 ラファエッロ作『ボルセーナのミサ』『聖ペテロの開放』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『聖ペテロの開放』 1513-14年
火災の間☆第4室 ラファエッロの工房作『ボルゴの火災』『カール大帝の戴冠式』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『ボルゴの火災』 1514年
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『カール大帝の戴冠式』 1513-14年
ラファエッロの工房作『オスティアの戦い』『法皇レオとアッティラの王の対面』
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    『オスティアの戦い』 火災の間
  • ※画像クリックで拡大
    ヴァティカン美術館
    「法皇レオとアッティラの対面」

PageTopに戻る

 システィーナ礼拝堂 ☆ ヴァティカン美術館

  • ヴァティカン美術館
  • システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina)は美術館の一番奥にあり、辿り着くにはかなり時間がかかるので、時間に余裕を持って行くことをお薦め。また年々セキュリティも厳しくなっていて、写真や動画の撮影厳禁、大きな声でのお喋りも厳禁。警備員がすぐ飛んでくるので要注意を!
  • ◆礼拝堂入口の右側には、絵画史上の大傑作ミケランジェロの『最後の審判』があり、天井を見上げると旧約聖書の創世記を題材とした「アダムの創造」、「原罪と楽園追放」、「ノアの洪水」などの『天井画』が描かれている。
  • ◆システィーナ礼拝堂は、ミケランジェロの作品があまりにも有名だが、側面にはボティッチェッリ、ギルランダイオ、ペルジーノらの作品もあり、右側面はキリスト伝、左側面はモーゼ伝を主題した壁画が描かれている。またシスティーナ礼拝堂は、法皇の公的礼拝堂で、教皇選挙(コンクラーベ)の会場でもある。
最後の審判 ミケランジェロ作 1535~1541年
※画像クリックで拡大
ヴァティカン美術館

※画像クリックで拡大
ヴァティカン美術館

◆最後の審判(Giudizio Universale)は、中央に再臨したイエス・キリストが、右腕を振り上げた力強い動きで、死者に裁きを下し、向かって左側には神によって選ばれて天国へと昇天していく人々が、右側には地獄に堕ちる人々を下方に向けて崩落させ、ドラマチックに描写されている。
◆右下の水面に浮かんだ舟の上で亡者に向かって櫂を振りかざしているのは、冥府の渡し守カロンであり、この舟に乗せられた死者は、アケローン川を渡って地獄の各階層へと振り分けられていく。ミケランジェロはこの地獄風景を描くのに、ダンテの『神曲』地獄篇のイメージを借りたといわれている。
◆ここに描いた400人近い人々をずば抜けた描写力でミケランジェロは60歳から6年の歳月をかけて単独で描ききった。
①並外れた力をそなえ、若々しい肉体の『イエス・キリスト』
②『聖母マリア』
③大きな鍵をもつ『聖ペテロ』
④自分の生皮を持つ『聖バルトロメオ』(この生皮は苦悩するミケランジェロの自画像)
⑤『聖パオロ』
⑥X型の十字架をもつ『聖アンデレ』
⑦毛皮を羽織る『洗礼者ヨハネ』
⑧車輪をもつ『アレクサンドリアの聖女カタリナ』
⑨矢をもつ『聖セバスティアヌス』
⑩冥府の『ミノス』 ⑪冥府の渡し守『カロン』
◆審判者イエスキリストの力強い動作から渦が巻き起こり、右側で地獄に堕ちる者たちを下方へ向けて崩落させ、反対の左側で神のよって選ばれた者たちの一群を上方へと押し上げている。勇ましい四肢と激烈な精神的苦悩に充ちた肉体が混ざり合い、生者と死者が喧噪のうちにひしめき合い、奈落の空間を照らす青白い光によって、一層壮絶なものとなっている。《ヴァティカンのミケランジェロより》
システィーナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ作 1508~1512年
  • ヴァティカン美術館
  • システィーナ礼拝堂の天井画は、彫刻家としてのプライドを持っていたミケランジェロにとって、初のフレスコ画にして、1000㎡の超大作であった。広大な天井画は「どこに何を描くか」というプランが成功を左右する。彼は空間プロデュースの才を発揮して、だまし絵的に描いた建築構造で分割し、中央に創世記の9場面をあてはめ、周りを男性裸体で飾り、周囲に預言者と巫女を、窓の上の三角形の区画とその下の半円の区画には、キリストの祖先を描いた。また、礼拝堂の四隅の大三角形には、ダヴィデとゴリアテなど、旧約聖書の4つの場面を描き、見せ所を数多くし、分散させた。これほど統一感ある壮大な天井画をプロデュースしたのはミケランジェロが初めてだったといわれている。さらに、この大天井画をミケランジェロは、一人で描ききった。
  • ◆天井画の核となる中央の大きな9画面は、旧約聖書から題材を得たもので、「最後の審判」側から、『光と闇の分離』、『日と月の創造』、『海と陸の分離』、『アダムの創造』、『イヴの創造』、『楽園追放』、『ノアの献身』、『ノアの洪水』、『ノアの泥酔』の順で描かれている。
  • ◆『アダムの創造』、『原罪と楽園追放』の作品説明は、イタリアの画家達ミケランジェロ
迷ったら「Cappella Sistina」の看板を!必見の螺旋階段
  • ヴァティカン美術館
    迷ったら「Cappella Sistina」の表示を!
  • ヴァティカン美術館
    システィーナ礼拝堂近くの螺旋階段

PageTopに戻る

 絵画館 ☆ ヴァティカン美術館

  • ヴァティカン美術館
  • 絵画館(Pinacoteca)は、システィーナ礼拝堂を見学した後に見学することも出来るが、入口の音声ガイド貸出場所のところを右に行くと絵画館なので、先に見学することも出来る。システィーナ礼拝堂を見学した後にサン・ピエトロ寺院に行きたい時は、絵画館は先に見学した方がいい。
  • ◆絵画館は、1932年ピウス11世が創設し、11〜19世紀の絵画とタペストリーを収蔵。ヴァティカン宮殿美術館は、「システィーナ礼拝堂」や「ラファエッロの間」があまりにも有名だが、この絵画館には有名な絵画作品が多いので必見。
  • ◆展示作品は、ラファエッロ作「キリスト変容」「フォリーニョの聖母」「聖母戴冠」、レオナルド・ダ・ヴィンチ作「聖ヒエロニムス」、カラヴァッジョ作「キリスト降架」、ティツィアーノ作「フラーリの聖母」、メロッツォ・ダ・フォルリ作「奏楽の天使」、ジョットと弟子作「ステファネスキの祭壇画」など優れた作品が多い。
キリスト変容 ラファエッロ作 1518~1520年☆絵画館
※画像クリックで拡大
ヴァティカン美術館
『キリスト変容』
◆『キリスト変容(Trasfigurazione)』はラファエッロの晩年の作品で、上部はキリストが天から声を聞き、自分が神であることを示す場面、下部は悪魔に取り憑かれた少年の治癒物語を描き2場面を構成している。下部の民衆がキリストを指し示すことによって、この奇蹟の場面を一枚の絵に結び付けている。
◆悪魔に取り憑かれた少年を表す画面下部は、ラファエロの死後、弟子であったジュリオ・ロマーノの手により描かれ完成されたと考えられていたが、本作の修復をおこなう過程で、ほぼラファエロの直筆であったことが判明した。
キリストの埋葬 カラヴァッジョ作 1602年~1603年☆絵画館
※画像クリックで拡大
ヴァティカン美術館
『キリストの埋葬』
◆カラヴァッジョの最も有名な作品の一つ『キリストの埋葬(Deposizione)』は、磔刑に処され死したイエスの肉体を、ゴルゴダの丘の麓の小さな園に岩を掘らせて建てた墓へ埋葬する場面≪キリストの埋葬≫を描いたもの。
◆カラヴァッジョは多くの画家達に影響を与えた画家で、『キリストの埋葬』の模写も行ったルーベンスを初め、フェルメール、レンブラント、さらにはイタリア滞在時にカラヴァッジョの作品を目にしているベラスケスの作品にもカラヴァッジョの影響が見られるといわれている。

PageTopに戻る

名称ヴァティカン美術館 博物館 Museo Vaticani ローマ
所在地Viale Vaticano
電話+39 06 69884947
時間入館時間9:00〜16:00 (18:00閉館)
休日日曜日 (但し、毎月最終日曜日は無料開館日)
公式サイトhttp://mv.vatican.va/2_IT/pages/MV_Home.html
ネット予約http://biglietteriamusei.vatican.va/musei/tickets/do
アクセス地下鉄A線チプロ-ムゼイ駅(Cipro - Musei)もしくはオッタビアーノ駅(Ottaviano)で下車。美術館の入場の列は、博物館の入り口から城壁に沿って東に伸びているので、東側のオッタビアーノ駅から歩いた方が近い。駅から徒歩10分くらい。
備考注意事項:いつも長蛇の列が出来ています。ネットで事前に予約して行くのがベスト。クレジットカード決済もできます(2013.8.23現在)

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »