ボルゲーゼ美術館 Museo Galleria Borghese ローマ

  • Borghese
  • ◆ボルゲーゼ美術館は、ルネサンス美術およびバロック美術を中心とした、ボルゲーゼ家歴代の美術コレクション(ボルゲーゼ・コレクション)が収蔵されている。
  • ◆美術館の建物はシピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿の夏の別荘として建てられたもので、イタリアの国立美術館として公開されるようになったのは1903年のこと。1階には彫刻、2階には絵画が展示されている。
  • ◆シピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿は、当時の芸術家達に作品を注文した大パトロンだったため、彼の収蔵品がコレクションの中心になっている。特にバロック彫刻の巨匠・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini)や光と影の天才・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio)の作品は多数収蔵されている。ベルニーニやカラヴァッジョ好きにはたまらない美術館。
  • ◆ボルゲーゼ美術館は、入場人数が決まっているため『完全予約制』。しかし、そのお陰でゆっくり作品を鑑賞することが出来る。

PageTopに戻る

 ボルゲーゼ美術館 アクセス 館内案内

 ボルゲーゼ美術館へのアクセス
  • ◆広大なボルゲーゼ公園の奥の方にあるボルゲーゼ美術館には、ミニバスの116番が便利。美術館の近くまで運んでくれる。
  • ◆または、テルミニ駅近くや共和国広場から、910番のバスに乗車して、ボルゲーゼ美術館近くのピンチアーナ通り(Via Pinciana)で降車する方法もある。ボルゲーゼ公園が広い(下右写真が公園内風景)ので、美術館までは徒歩8〜10分程度はかかる。
  • ◆バスの乗車に不安を感じる場合や長い距離を歩きたくない場合は、タクシーで行っても料金はさほどかからない。
  • Borghese
 ボルゲーゼ美術館 館内案内
Borghese
受付 INGRESSO
◆受付(INGRESSO)は、建物正面中央の階段を数段降りた半地下(上の写真でAの位置)にある。玄関を入った[1]の場所にチケット売り場がある。事前予約したバウチャーを渡すとチケットに交換してくれる。[3]のクロークに荷物を預け、予約時間になると入場できる。但し、手続きや荷物預けに若干時間がかかるので、時間に余裕を持って行くことをお薦め。
◆(注)ボルゲーゼ美術館は事前予約者のみ入館できる。
[1]チケット売り場(予約優先)  [2]BookShop
[3]クローク  [4]カフェ・レストラン
[5]トイレ
Borghese
1階 PIANTERRENO 彫刻館
◆1階は、受付したフロアーから外に出て、階段を登ったところ(上の写真でBの位置)にある。階段を登ってポーチを入ると美術館の入口になる。
◆1階には、ベルニーニの彫刻やカラヴァッジョの絵画などが展示されている。
[P]ポーチ(Portico)
[S]入口サロン(Salone d’ingresso)
①〜⑧ 第1室〜第8室
Borghese
2階 PRIMO PIANO 絵画館
◆2階は、絵画館でラファエロ、ティツィアーノ、コレッジョなど有名画家の作品が展示されている。収蔵作品は数多い。
◆見学時間(2時間)が限られているので、まず1階と2階をざっと見て、その後見たい作品をじっくり見学することをお薦め。
[T]テラス(Terrazza)
⑨〜⑳ 第9室〜第20室

PageTopに戻る

 アポロとダフネ Apollo e Dafne ベルニーニ作

※画像クリックで拡大
アポロとダフネ Apollo e Dafne 1622~1625年
1階(Pianterreno)第3室(SalaⅢ)
◆アポロとダフネは、美しい娘ダフネに恋して我が物にしようと迫る太陽の神アポロの手がダフネに触れた瞬間、彼女は月桂樹の木へと姿を変え、5本の指は茂る枝葉へと変貌し、足先からは根が生え、体はみるみる木の皮に覆われていく。
◆固い大理石で出来ているとは思えないほど官能的で繊細、二人の絶妙なバランスと躍動感、劇的な一瞬を見事に造り上げている。神話の世界があたかも目の前で起こっているような緊迫感に驚かされる。

 プロセルピナの略奪 Pluto e Proserpina ベルニーニ作

※画像クリックで拡大
プロセルピナの略奪 Pluto e Proserpina 1621~1622年
1階(Pianterreno)第4室(SalaⅣ)
◆冥界の王プルート(ハデス)が一目ぼれした女神の娘プロセルピナを連れ去ろうとする、ギリシャ神話の一場面である。逃げるプロセルピナを手に入れようと、力づくでつかみかかるプルート、その指はプロセルピナの柔らかな肉体に深く食い込んでいる。
◆2つの肉体美が見事なまでに再現され、まるで大理石に生命が宿っているかのように見える。圧倒的な迫力と躍動感が満ちあふれた作品。彫刻史を塗り替える革新的な作品といわれている。

PageTopに戻る

 ダビデ像 Davide ベルニーニ作

※画像クリックで拡大
ダビデ像 Davide 1623~1624年
1階(Pianterreno)第2室(SalaⅡ)
◆羊飼いの美しい少年だったダビデが、神の使いの目にとまりイスラエルの戦士となり、ペリシテ最強の戦士巨人ゴリアテを石を投じて、一撃で倒し、ゴリアテの剣を引き抜きその首を落とし、大勝利をおさめたという旧約聖書の一説の場面。
◆ダヴィデ像はいろいろな芸術家がテーマにしているが、ベルニーニはこの一説以降に全イスラエルの王となったダビデの勇姿を、ダビデに投石器を持たせ、これからゴリアテに石を投じるという『躍動の美』を表現した。

 エネアとアンキーゼ Enea e Anchise ベルニーニ作

※画像クリックで拡大
エネアとアンキーゼ Enea e Anchise 1618~1620年
1階(Pianterreno)第6室(SalaⅥ)
◆エネアはトロイ戦争におけるトロイ側の武将で、トロイ滅亡後、イタリア半島に逃れて、ローマ建国の祖となったといわれているギリシャ神話の人物。トロイが陥落した際、エネアは父アンキーゼを背負い、幼いアスカニオスの手を引いて燃える都から脱出した様子を題材にしたベルニーニの初期の作品。エネアは古代ローマでは敬虔な人物として知られていた。

PageTopに戻る

 真実(晩年の作品) 山羊アマルテア(17歳時の作品) ベルニーニ作

※画像クリックで拡大
真実 La Verita 1645~1652年
1階(Pianterreno)第6室(SalaⅥ)
◆この第6室では、ベルニーニの晩年の作品『真実』をはじめ、ローマ時代の作品群を数多く見ることが出来る。
Borghese
山羊アマルテア(乳を飲ませる山羊) Capra Amaltea 1615年
2階(Pianterreno)第14室(SalaⅥ)
◆この第14室には、ベルニーニ17歳の頃の作品『山羊アマルテア』をはじめ、ベルニーニの作品が多く『ルイ14世騎馬像のテラコッタの修作』、『シピオーネ枢機卿の彫像』などが展示されている。またベルニーニ自身による肖像画と肖像彫刻『成熟期の自画像』、『青年期の自画像』、『少年期の自画像』も展示されている。

PageTopに戻る

 聖アンナと聖母子 Madonna dei Palafrenieri カラヴァッジョ作

※画像クリックで拡大
聖アンナと聖母子 Madonna dei Palafrenieri 1605年
1階(Pianterreno)第8室(SalaⅧ)
◆聖母マリアが罪の象徴である蛇を足で踏みつけ、その聖母の足の上に幼子イエスが足をのせ、少し離れてマリアの母、聖アンナが手を下に組み立っている。聖アンナが手を組み下げているのは、苦悩している様子を表している。
◆『聖アンナと聖母子』は、別名『蛇の聖母』とも呼ばれ、もともとサン・ピエトロ大聖堂の小さな祭壇に飾るために描かれた作品だった。しかし、守護聖人の聖アンナがみすぼらしい老婆であることや、聖母が胸の開いた庶民の服装をしていることが原因で、2日間で撤去されてしまったそうだ。その祭壇画をシビオーネ・ボルゲーゼ枢機卿が購入した。

 聖ヒエロニムス San Girolamo カラヴァッジョ作

※画像クリックで拡大
聖ヒエロニズム San Girolamo 1605〜1606年
1階(Pianterreno)第8室(SalaⅧ)
◆聖書をラテン語に翻訳した学者成人が一心に書物に目を落とす。羽根ペンを握った手の先にはドクロがあり、成人の顔と対比されている。この絵は、カラヴァッジョが公証人に斬りつけた事件を調停したボルゲーゼ枢機卿に、お礼として贈られたものだと言われている。

PageTopに戻る

 病めるバッカス Autoritratto in veste di Baccco カラヴァッジョ作 

※画像クリックで拡大
病めるバッカス Autoritratto in veste di Baccco 1593年
1階(Pianterreno)第8室(SalaⅧ)
◆『病めるバッカス』は、別名『バッカスとしての自画像』と呼ばれている。葡萄の房を持った男性がカラヴァッジョの自画像で、血色の悪い肌の色であるため『病めるバッカス』と呼ばれていた。カラヴァッジョは果物を後年も描いているが、この頃のテーブル上に置かれている果物の描写は、後年に比べると迫真性がまだ乏しい。

 果物籠をもつ少年 Ragazzo col canestro di frutta カラヴァッジョ作

※画像クリックで拡大
果物籠をもつ少年 Ragazzo col canestro di frutta 1594年
1階(Pianterreno)第8室(SalaⅧ)
◆カラヴァッジョの工房にいた画家ダルピーノが所持していたものをボルゲーゼ枢機卿が取り上げたといわれている作品。少年の表情やポーズからはホモエロティックな雰囲気が漂っている。少年の持っている籠の中の果物は迫真性に溢れている。

PageTopに戻る

 ダヴィデとゴリアテ Davide con la testa di Golia カラヴァッジョ作

※画像クリックで拡大
ダヴィデとゴリアテ Davide con la testa di Golia 1594年
1階(Pianterreno)第8室(SalaⅧ)
◆カラヴァッジョの遺言ともいえる最後の自画像(ゴリアテの首の部分)。焦点の合わないうつろな眼差しは、破天荒な人生を繰り返し、転々と逃亡、投獄までされた罪の意識、自己断罪を表したとされた。しかし、最後の謙遜と懺悔の情を表し、ボルゲーゼ枢機卿に送り、恩赦推進を嘆願するものであったとも言われている。

 洗礼者ヨハネ San Giovannino カラヴァッジョ作

※画像クリックで拡大
洗礼者ヨハネ San Giovannino 1609〜1610年
1階(Pianterreno)第8室(SalaⅧ)
◆放心した表情で見据える眼差し、洗礼者ヨハネが本来もつべき十字架の杖や子羊が、ただの杖と角の生えた牡羊といった不完全な洗礼者の表現には、カラヴァッジョが救世主を待っていることを示していると解釈されている。
◆この『洗礼者ヨハネ』は、カラヴァッジョが最後に持っていた3点の作品のうち1点で、ローマの有力なパトロンであるボルゲーゼ枢機卿に渡そうと最後まで持っていたものと言われている。カラヴァッジョは、1610年7月18日享年38歳で熱病のため亡くなった。船でローマに向かう途中、盗賊と間違われて取り上げられた絵を取り戻すべく、真夏の焼けつく海岸を歩いていたとき熱病にかかり息絶えた。その直後にローマから恩赦の知らせ届いたといわれている。

PageTopに戻る

 一角獣を抱く女性 Dama con Liocorno ラファエッロ作

※画像クリックで拡大
一角獣を抱く女性 Dama con Liocorno 1506年
2階(Pianterreno)第9室(SalaⅨ)
◆ラファエッロ作の『一角獣を抱く女性』は、遠くの風景を背にわずかに斜めをむき、手を組む姿は、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』の影響を受けていると言われている。ラファエッロはフィレンツェ時代、ダヴィンチの工房を頻繁に訪れ、画風を研究していたことは有名な話。この作品はその証といえる。
◆架空の一角獣は、古来、純潔の象徴とされ、貴族の女性のお見合いのために描かれたと言われている作品。

 キリストの降架 La Deposizione ラファエッロ作

※画像クリックで拡大
キリストの降架 La Deposizione 1507年
2階(Pianterreno)第9室(SalaⅨ)
◆『キリストの降架』は、十字架から降ろされたキリストが埋葬されるかたわらで、聖母マリアが悲しみのあまり気を失う場面(右側)を描いた作品。
◆この絵のためにラファエッロは、多くの素描を描いたといわれているが、その中にはキリストの遺骸を地面に置いたものもある。しかし、この完成作の方が、キリストの身体の重みや、キリストを運ぶ人々の力が生々しく描かれていることで知られている。

PageTopに戻る

 その他の作品(画像クリックで拡大)

PageTopに戻る

名称ボルゲーゼ美術館 Museo Galleria Borghese ローマ
所在地Piazzale del Museo Borghese 5, 00197 ROMA Villa Borghese
電話+39 06 8413979
時間9.00 〜 19.30
休日月曜日
公式サイトhttp://www.galleriaborghese.it/default.htm
ネット予約http://www.galleriaborghese.it/prenota.htm
アクセスアクセスは、テルミニ駅からバス910番で、Via Pinciana下車で徒歩約8〜10分。ヴェネト通りなどから出発している、ミニバス116番は美術館の手前約100mに停車。ボルゲーゼ公園は広いので、美術館へはバスまたはタクシーが便利。
備考(注意)入館は予約者優先。ネット予約をした方が無難。予約時間の30分前までに窓口にてバウチャーを入場券に交換

GOOGLE LANGUAGE TRANSLATOR

あなたの国の言語を選んで下さい。GoogleLanguageTranslatorが翻訳します

◆イタリアの空港〜アクセス

ナポリの空港カポディキーノ

ローマの空港フィウミチーノ到着

ローマの空港フィウミチーノ出発

パレルモの空港

カターニアの空港

◆イタリアの列車・地下鉄〜アクセス

列車でナポリへ☆ナポリ中央駅

ナポリの地下鉄LINE1(1号線)

列車でヴィエトリ・スル・マーレへ

列車でローマの空港~テルミニ駅

列車でパレルモへ☆パレルモ中央駅

列車でタオルミーナへ☆ジャルディーニ駅

イタリアの高速列車☆フレッチャロッサ

◆イタリアのバス〜アクセス

シャトルバスでナポリの空港〜市内

バスでヴィエトリ・スル・マーレへ

バスでポジターノへ

バスでラヴェッロへ

シャトルバスでローマの空港〜市内

シャトルバスでパレルモの空港~市内

バスでパレルモ~アグリジェントへ

バスでアグリジェント神殿の谷へ

バスでパレルモ~カターニアへ

バスターミナル・カターニア

バスターミナル・タオルミーナ

◆イタリアのフェリー・船〜アクセス

フェリーでアマルフィ~サレルノ

アマルフィのフェリー乗降場

フェリーでポジターノ~サレルノ

ポジターノのフェリー乗り場

◆イタリア旅行 観光見どころ

ナポリの見どころ

ヴィエトリ・スル・マーレの見どころ

アマルフィの見どころ

ラヴェッロの見どころ

ポジターノの見どころ

ローマの見どころ

パレルモの見どころ

アグリジェント神殿の谷の見どころ

タオルミーナの見どころ

ラヴェンナの見どころ

ヴェローナの見どころ

ミラノの見どころ

オルヴィエートの見どころ

ポンペイの見どころ

ヴェネツィアの見どころ

◆イタリアの美術館・博物館

アグリジェント州立考古学博物館

ヴァティカン美術館(ROMA)

ボルゲーゼ美術館(ROMA)

カピトリーニ美術館(ROMA)

ウッフィツィ美術館

コッレール博物館

アカデミア美術館(VENEZIA)

アカデミア美術館(FIRENZE)

ブレラ美術館

◆イタリアの画家達

ラファエッロ・サンツィオの作品

ミケランジェロ・ブオナローティの作品

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品

◆イタリアのホテル

フィレンツェのホテル

タオルミーナのホテル

パレルモのホテル

ローマのホテル

ポジターノのホテル

◆イタリアのレストラン

オルヴィエートのレストラン

タオルミーナのレストラン

パレルモの老舗カフェ

ポジターノのレストラン

ラヴェッロのレストラン

◆イタリアのショップ

ポジターノのオーダーメイドサンダル

アソシエイト・プログラム広告

postage

Non essere cosi ansioso e Goditi la vita ! Andiamo in Italia fenomenale !

Translate »